スキルアップ・マナー

男性が職場で呼ばれてうれしい愛称

男性が職場で呼ばれてうれしい愛称

 学生時代はよく使っていたニックネーム。社会人になってからは、あまりニックネームで呼ばれることも少なくなった…という人も多いかもしれません。

 そんな職場の“愛称”に関する話を男性に聞いてみました。あなたの職場と比べてみてくださいね。

「けっしてルックスが“ジャニーズ系”というわけではないんですが、苗字が同じということから職場の女性に名前の頭文字をとって○○ピーと呼ばれています。最初は戸惑いましたが、うれしいですね」(20代IT)

「“さん”や“くん”と呼ばれることが多いけど、5歳年上の先輩から“苗字+ちゃん”で呼ばれるようになってから、急にお互いに仲がよくなったような気がします。不思議です」(20代メーカー)

「うちの部署ではランチやオフのときだけは、好きなあだ名でお互いを呼び合っています。メリハリがつくので、そんなルールが自然にできている職場環境が気に入っています」(30代人材)

「社内恋愛中ということもあり、間違って一度名前で呼んでしまってからは、それで通すことにしました。むしろそれを定番の呼び名にしたので、気分が楽になりました」(30代広告)

 愛称は時と場合によって使い分けることも必要となりますが、人間関係を円滑にしたり、チームワークを強固にするなどよい面もありそう。とくに男女間でのニックネームを使うことで、お互いの距離を縮めたという意見が多く、恋愛への発展も期待できそうですね。

 あなたも職場で愛称をうまく活用してみてはいかがでしょうか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。