スキルアップ・マナー

引越ししたらまず実践 ご近所への「あいさつ」ルール

引越ししたらまず実践 ご近所への「あいさつ」ルール

 春は新生活が始まる時季。引越しをする人もたくさんいることでしょう。引越し先でスムーズに近所とのおつき合いをするために、転居した旨を伝える引越しのあいさつは欠かせません。どのようにすれば、失礼にならないのでしょうか?

 まず、引越し先であいさつするべきところは、集合住宅の場合、両隣と上下階の部屋、管理人さんのところ。一軒家の場合は、向かい3軒と両隣へあいさつに行くのが一般的です。

 引越し当日または翌日には行いましょう。あいさつをするときに持っていきたいものは、タオルやクッキーなど1,000円くらいの物を選べばOK。のしをつけ、名前を書いておくと覚えてもらいやすいかもしれませんね。留守の場合は、後日もう一度あいさつにうかがいましょう。

 住んでいた場所を後にするときのあいさつは、引越しの前日~2日前に行い、とくに品物を持っていく必要はないとされています。引越し作業で迷惑をかける可能性があることなどを伝えておくといいですね。

 引越しした経験の多い女性に、持っていって喜ばれた品物やあいさつをしていて助かったことなどを聞いてみました。

「あいさつの品は、迷ってしまうものですが、やはり食べるものや消耗品がベスト。老舗洋菓子店のクッキーを持っていったら、知っていたらしくすごく喜ばれました」(30代IT)
「あいさつをしていたおかげで、出かけるときやゴミ出しのときなど、会ったら話せる関係にすぐになれました。おすすめのレストランやスーパーなどを教えてもらったり、情報交換もしています」(30代翻訳)
「近所にゴミの出し方にうるさい人がいるらしく、分別を間違えたゴミが、中を調べられて戻ってきたことがありました。しばらくして話すようになった同じマンションの人にこの話をしたところ、近所では有名な人でした。私は、引っ越し時のあいさつを怠っていたので、きちんとあいさつに行って、こういう人がいることを聞いておけばよかったです。あいさつって大切なんだなと感じましたね」(30代塾講師)

 引越しのあいさつは、気持ちよく暮らしていくために、きちんとしていたほうがよさそうですね。ぜひ、参考にしてみてください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。