スキルアップ・マナー

叱られてオンナは成長 「空気が読める女性」になる近道

叱られてオンナは成長 「空気が読める女性」になる近道

 場の雰囲気を読み取って発言・行動できる女性っていますよね。

 そんな女性は、仕事や友人関係においてはもちろんのこと、恋愛においても、多くの人から好感を持たれるもの。

 では、そんな空気の読める女性になるには、具体的にどのようなことに注意すればいいのでしょう? 恋愛アナリストのヨダエリさんに聞いてみました。

「これをすれば空気の読める女性になれる!という行動は、おそらく存在しないと思います。なぜなら、空気を読むとは、その場で自分が何を求められているかを察知して行動すること。何を求められているかは、その場によって異なるからです」

 たとえば、Aという職場でベストとされていた振る舞いが、Bという職場ではよしとされなかったりすることは、よくあること。友人関係においても、恋愛においても、それは同じだと、ヨダさんは語ります。

「ただ、どこにいっても自分は空気を読めてないな…」と感じることが多いのであれば、改善するための対策はあります。それは、“叱ってもらえる人になること”です」

 ヨダさんいわく、空気が読めない人は2種類いるのだろう。まず、空気が読めないけれど憎めない人。そして、空気が読めないために避けられてしまう人。

「両者の違いは何かというと、人の話に耳を傾ける人かどうか、です。空気が読めないけれど好かれる人は、この人なら指摘しても怒らないだろう、受け止めるだろう、と思わせるおおらかさと謙虚さ、そしてコミュニケーションに対する前向きさを醸し出している人。ゆえに、まわりの人から、愛のあるお叱りを受けることが多く、年齡を重ねるごとに空気が読めるようになっていくことが多いです。

 一方、空気が読めないために避けられてしまう人は、自分は間違っていないという思い込みが強そうに見える人。この人に忠告するのは面倒だな…と思わせる雰囲気がある人です。そのため、友人からもデートした相手からも、叱ってもらえる機会がなく、空気の読み方を学ぶ機会がないのです」

 後者に陥ってしまうと、空気が読めないまま年を取ってしまう…!? そうならないためには、人からの忠告を受け止める姿勢があること、そして自分を成長させたい気持ちがあることをまわりの人に知ってもらうことが大切、とヨダさんは語ります。

 たとえば、友人や同僚などに「この前の自分の態度、問題なかったかな?」と聞いてみたり、日頃から「何か気づいた点があったら遠慮なく言ってね!」と伝えておいたりすることが大切だそう。

「空気が読める人は、生来の資質もありますが、それ以上に、幼い頃から空気を読むことを求められ、鍛えられてきた人が多いです。一朝一夕にして成り立っているものではない。だからこそ、本人に意志さえあれば必ず磨くことができるんです」

 空気を読める女性になる唯一の道は、人からの意見を通して、自分と向き合うこと。ひとつずつ発見を重ねながら、今よりもっと魅力的な女性になっていきましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。