スキルアップ・マナー

「おっしゃられました」はNG 敬語の使い方をおさらい

「おっしゃられました」はNG 敬語の使い方をおさらい

 会話の中で、敬語を自然に使いこなせる女性には好感が持てますよね。敬語とは、相手に対する敬意の気持ちを表現した言葉のこと。「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3つがありますが、これらを混同していたり、間違って使っていたりする人も少なくないようです。言葉の誤りは周囲の人も指摘しづらいもの。ここで、敬語の基本的な使い方をおさらいしておきましょう。

 丁寧語は、物事を丁寧に表現することにより、相手に誠意を伝える言葉です。基本は「~です」「~ます」「~ございます」といった語尾にします。

 尊敬語は、相手の動作や相手が関係する物事に敬意を示して、相手を立てて高める言葉です。基本は語頭に「ご」「お」や、語尾に「れる」「られる」「~になる」「~くださる」などをつけます。たとえば「話す」なら、「話される」「お話になる」「お話くださった」などになります。

 謙譲語は、相手を立てて高めるために、自分の動作をへりくだって謙虚さを表す言葉です。基本は「お(ご)~する/いたします」「お(ご)~いただく/いただきます」といった表現になります。たとえば「連絡する」なら、「ご連絡いたします」「ご連絡させていただきます」「ご連絡申し上げます」などになります。

 敬語で間違えやすいのは、敬語に敬語を重ねる「二重敬語」や、表現が過剰になる「過剰敬語」。ビジネスシーンで「お見えになられる」という表現を耳にすることがありますが、これは「お見え(尊敬語)になる」「られる(尊敬語)」が重なった二重敬語なので、正しくは「お見えになる」です。また、「おっしゃられました」もよく聞く過剰敬語で、正しくは「おっしゃいました」となります。

 自分がへりくだる言葉を相手に使うなど、尊敬語と謙譲語を混同しているケースもよく見受けられます。たとえば「そちらでうかがってください」はNGで、「そちらでお聞きください」「そちらでお尋ねください」が正しい表現になります。

 相手との関係や状況、シーンによって、使い分けが必要なのが、敬語の難しいところ。頭で覚えてもいざとなると言葉にできないことも多いので、同僚や友人同士との会話の中で練習してみるといいかもしれませんね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。