外出・旅行

【週末+有給3日で行く!世界の絶景】別世界を訪れて、ひとりで考えたい。生と死が混在する街へ

【週末+有給3日で行く!世界の絶景】別世界を訪れて、ひとりで考えたい。生と死が混在する街へ

インド 「バラナシ」

生と死を見つめる
聖なる川に寄り添う街

インド北部に位置する首都デリーの南東約820km。そこには、ヒマラヤ山脈の南麓に端を発し、ベンガル湾へと続くガンジス川が流れています。その川沿いに広がる街が、紀元前からの歴史を持つバラナシです。
18世紀に築かれた建造物が並ぶこの街には、ガートと呼ばれる岸辺から川へと続く階段がいくつもあります。ヒンドゥー教徒にとって聖なる川「ガンジス」で沐浴することは、すべての罪が浄められることとされているため、夜明けと共に多くの人々がガートに集まってくるのです。

ガンジス川西岸に並ぶガートは84ほどあり、中でもダシャシュワメード・ガートが一番賑わっています。早朝にボートに乗って、神々しい朝日の光で赤く染まったバラナシの街並と沐浴する人々が紡ぐ光景を眺めてみましょう。
街中を歩けば、多くの物売りやバイク、さらに牛までが行き交い、静寂とは無縁の雰囲気に満ちています。同時に「大いなる火葬場」との別名を持つ街でもあるバラナシでは、遺灰をガンジス川に流せば輪廻から解脱できると信じられているため、絶えず死者が焼かれ、荼毘に付されているのです。

死が身近に存在するバラナシ。
異国情緒溢れる街を歩きながら、人生最大のテーマとも言える生と死を見つめる旅をしてみましょう。

■旅の予算 Budget

大人1名分の総予算 19万円~
※現地予算は下記プラン例の目安料金
飛行機代、宿泊費、現地送迎、食事(朝3回) ※燃油サーチャージ除く

■行き方 How to get there

成田からインドのデリーまで直行便が運行している。そこからバラナシまで国内線で移動することになる。成田~デリーは約10時間、デリー~バラナシは約1時間15分。

■プラン例 Example Plan

1日目 終日 成田発~デリー着 【デリー泊】
2日目 午前 デリー発~バラナシ着
   午後 バラナシ 【バラナシ泊】
3日目 終日 バラナシ 【バラナシ泊】
4日目 午前 バラナシ
   午後 バラナシ発~デリー乗り継ぎ~成田へ 【機内泊】
5日目 午前 成田着

■この旅の相談、手配先 Arranging the trip

[西遊旅行]
シルクロード、ブータン、アフリカ、海外登山...と、幾つもの魅力的なツアーを扱う、秘境ツアーのパイオニア、西遊旅行。パッケージ旅行も魅力だが、オーダーメイドも手配OK。最新の現地の情報も教えてくれるので、気軽に連絡してみよう。
※情報:『5日間の休みで行けちゃう! 美しい街・絶景の街への旅』より
写真:(c)iStock.com

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Factory A-Works 編集部

Factory A-Works 編集部

『5日間の休みで行けちゃう!美しい街・絶景の街への旅』

作家・自由人の高橋歩が代表を務めるファクトリー。出版を中心に映像やカフェバー、イベントなど様々な分野で、思いっきり楽しみながら作品や空間を生み出し続けている。「地球が僕らの遊び場だ!」を合い言葉に、「旅先を決めてからではなく、旅先を決める為に読む」旅ガイドシリーズを続々プロデュース中。今回のような旅をもっと知りたい場合は、『5日間の休みで行けちゃう!美しい街・絶景の街への旅』をご覧ください!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。