外出・旅行

ご飯をお箸で食べてはNG? 韓国料理のマナー

ご飯をお箸で食べてはNG? 韓国料理のマナー

 手軽に行ける海外旅行先として人気の韓国。本場の韓国料理が味わえるのも魅力のひとつですよね。

 あまり気にしていなかった人も多いと思いますが、韓国の食事のマナーをご存知ですか? 日本と同じ、箸を使う国ですが、実は日本と正反対のマナーもあるんです。

 まず、韓国料理を食べるには、スッカラ(スプーン)とチョッカラ(箸)を使います。スッカラは、ご飯やスープを食べるときに、チョッカラは大皿から自分の皿へおかずを取るときや、料理をつまんだりするときに使用します。日本人の私たちは、ついお箸でご飯を食べたくなってしまいますが、これはマナー違反なので気をつけましょう。

 また、食事中はスッカラを常にご飯かスープの器の中に入れておくことも忘れずに。スッカラを卓上に置いておくと、「食事が終わりました」というサインになってしまいます。右手にチョッカラ、左手にスッカラと、一度に両手を使うこともNGですので注意してください。

 そして、韓国では手で食器を持つことはタブー。お皿やお椀はテーブルに置いたまま食べるのが韓国流です。手は、膝の上や器に軽く添える程度にしましょう。

 韓国は目上の人を大切にする国です。食べるときは年長者から箸をつけ、料理を受け取るときは両手を使います。また、目上の人の食事が終わるまで席を立たないこと。これが原則のようです。年長者を敬う精神は、私たちも見習いたいですね。

「音を立てて食べない」「迷い箸をしない」「目上の人を上座に通す」などは日本と同じです。少しでもマナーを知ると、食文化の違いも見えてくるようですね。さあ、今まで以上に韓国料理を楽しみましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。