外出・旅行

2014年おすすめ“アートスポット”をナビゲーション!

2014年おすすめ“アートスポット”をナビゲーション!

 寒いこの時季は、室内でのアクティビティーに注目している人も多いのでは? 美術鑑賞もそのひとつですよね。

 数あるアートスポットの中から、専門家に2014年のおすすめを厳選してもらいました。教えてくれたのは、女性向けアート情報を発信し、ウェブマガジン「girls Artalk(ガールズアートーク)」を主宰している新井まるさんです。

 今東京で最も熱いアートエリアとして紹介してくれたのが、江東区にある清澄白河と東雲(しののめ)。倉庫や工場の多いイメージの地域で、ちょっと意外なのですが…。

「作品のサイズが大きくなる現代アートでは、展示空間として天井の高い倉庫や工場はうってつけの場所。だから、この二つの地域には、現代アートのギャラリーが続々と誕生していて、注目されているんです」と新井さん。清澄白河ではある倉庫がリノベーションされて、複数のアートギャラリーが入居する施設に。東雲では、印刷製本工場の2階400坪に、8つのギャラリースペースが並ぶ巨大空間に生まれ変わりました。新井さんは「まだまだ知られていませんが、新しいことが現在進行形で起きている場所。なんだか外国に行ったみたいで楽しいですよ」と話してくれました。

 東京以外のアートスポットとしては、新潟・越後妻有(えちごつまり)の名が。「ここでは、『大地の芸術祭の里』と題して、田畑、民家、廃校など合わせて760キロ平方メートルもの広大な大地に、世界の芸術家が手がけた約180点に及ぶアート作品が常設されているんです。大自然の中で見るアートはとても新鮮でインパクトが大きい。もしかしたら、都会以上の経験ができるかもしれませんよ」(新井さん)

 ほかにも愛媛県の道後温泉では、「道後オンセナート2014」と題して、4月10日~12月31日まで旅館やホテル、道路で体験型アートを展示予定。温泉に加えてアートも楽しむことができるなんて素敵ですね。

 2014年の“初アート”はどこで体験しますか? ぜひ、参考にしてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。