外出・旅行

ロシアで初の冬季五輪 開催地「ソチ」ってどんなところ?

ロシアで初の冬季五輪 開催地「ソチ」ってどんなところ?

 第22回オリンピック冬季競技大会が、いよいよ始まります。2月7日から23日までの日程で、ロシア・ソチで開催。ロシアでの冬季オリンピックは、旧ソビエト連邦時代も含めて初めて。ちょっと意外ですよね。

 ところで、ソチってどんなところなのでしょうか? せっかくだからオリンピックが始まる前に、ちょっと知っておきましょう。

 まず、ソチという都市は、ロシアのヨーロッパ側のいちばん端にあるリゾート地です。緯度は43度で、北海道の札幌とほぼ同じですが、黒海の海洋性気候のおかげでとても温暖なので、夏は海水浴客でにぎわいます。

 温泉もあり、ソビエト連邦時代には保養地として、交通機関や療養施設などが整備されました。スターリンをはじめ、歴代のソビエト連邦の首脳たちは、この地に別荘を構えたそうで、現在のプーチン大統領も、ソチの別荘で夏の休暇を過ごすこともあるようです。

 日本からは直行便がないので、ロシアの首都モスクワか、トルコ・イスタンブールまで飛び、乗り継ぎ便を利用し、ソチに入ることになります。日本人にとって今までは、あまりなじみのない都市であったと思いますが、このオリンピックを契機に観光で訪れる人も増えるかもしれませんね。

 ソチと日本の時差は5時間。日本時間のマイナス5時間が、ソチの現地時間になります。そのため、日本で観戦すると深夜に決勝が行われる競技も出てきそう。メダルの期待がかかる羽生結弦選手、高橋大輔選手、浅田真央選手などのフィギュアスケート、高梨沙羅選手の出場するジャンプ女子など、いずれも寝不足を覚悟しての応援となりそうです。

 この地でどんな熱戦が繰り広げられるのか? 注目して見てみましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。