トレンド・ライフスタイル

初夏を美しく健やかに!この時季に飲んでおきたいハーブティー

初夏を美しく健やかに!この時季に飲んでおきたいハーブティー

だんだん暖かくなってきて、春らしい空気に心がはずむ季節です。穏やかな日の光に照らされて、花々が咲き誇っているように、私たちの体と心も満開にすべきとき。

しかし花々の咲く時季は、突然寒さが戻って冷え込む「花冷え」によって、心身が一時的にぎゅっと縮こまります。それがストレスになって、頭痛や肩こりを引き起こすことも。自然のリズムに心身を調和させるには、早目に筋肉のこわばりをほぐして、体も心も開かせることが大切です。

その第一歩として、筋肉と精神的な緊張をゆるめる作用のあるハーブティーを暮らしに取り入れてみましょう。

<体と心をゆるめるハーブティー>

●レモングラス

タイのトムヤムクンなど、アジア料理の食材として広く知られるハーブです。体の機能を活性化する働きがあるといわれ、新陳代謝をアップさせます。

●レモンバーベナ

フランスでは、夕食後の時間をリラックスさせてくれるティーとして親しまれているハーブです。緊張感や不安をゆるめ、精神的な疲れを癒します。

●レモンバーム

ギリシャ・ローマ時代の古い記録にも残っている歴史あるハーブです。イライラ、ヒステリー、パニックなどをやわらげ、心身のバランスを整える作用があると言われます。

これらのハーブに共通するのは、レモンに似た香り。その爽やかさに包まれると、全身が解き放たれ、心の底からリラックスできます。紅茶や緑茶との相性もいいので、ブレンドティーにして飲むのもオススメです。

暦の上では、もうすぐ初夏。この時季に体と心を開いておくことは、季節の変わり目を心地よく過ごすため。自然のリズムに合わせて、心身の状態を開放的に調整していけば、夏を迎えたときに、溌剌とした美しさを手にしているはずです。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。