トレンド・ライフスタイル

おうちで楽しむ手作りライフ!~くるみボタンで作るヘアゴム~

おうちで楽しむ手作りライフ!~くるみボタンで作るヘアゴム~

春は新しいことを始めるのにピッタリな季節。週末は外へ出かける派の人も、この春から手作り雑貨に囲まれた温もりある「おうち生活」を始めてみませんか? 私は普段「メルヘンキャンプ」という、アウトドアスタイルを提案する活動を行っているんですが、実はインドアも同じくらい大好き。最近はどちらかというと、DIYやモノづくりをしながら家で過ごす時間のほうが多いかもしれません。

そんな私がこれから提案していくのは、「ゆるっとほんわか手作り生活」。暮らしがちょっとハッピーに、そしてちょっと便利になる手芸をご紹介していきたいと思います。まず1回目の今回は、とっても簡単なのにかわいい「くるみボタンのヘアゴム」の作り方を伝授しちゃいます!

使用する材料

  • くるみボタンキット
  • 好きな端布
  • ヘアゴム

よく市販されているかわいいくるみボタンですが、実は自分で簡単に作れちゃうんです。手芸屋さんで「くるみボタンのキット下さい」と言うと教えてくれますよ。お値段も300~500円ほどでとってもお手頃。私がいつも利用しているのはくるみボタン専門店。細かいパーツを自由に選んで買えるのでオススメです。また、最近は100円ショップでもくるみボタンキットを置いているところがありますし、ヘアゴムも手芸屋さんや100円ショップで手に入れることができます。

作りかた


  1. ボタンよりひとまわり大きなサイズに布をカットします。
  2. ラバーの中に布を敷き、上からくるみボタンの本体となるシルバーを置きます。
  3. ボタンの内側に布をくしゅくしゅとシュウマイを作るように入れていきます。
  4. 鍋ぶたのようなパーツを乗せたあと、ロシアの帽子のようなプラスチックの器具でパチンと鳴るまで押します。
  5. ボタンの裏側の脚にゴムを通せば、できあがり!

ヘアゴムとしてはもちろん、手帳や本のブックバンドにしたり、ペンを束ねたりと色んな場面で使えます。ボタンの後ろにピンが着いているタイプはバッジにも。また小さなお子様がいる方はくるみボタンに名前を書いて、お名前バッジにするのもいいですね。

私はこのくるみボタンを、季節に合った布を見つけては交換しています。季節やシーン、気分などに合わせて自分の好きなようにアレンジできるというのも、手作りアイテムならではの魅力です。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。