トレンド・ライフスタイル

知ってほしい!酵素という体内で活躍する「従業員」の存在

知ってほしい!酵素という体内で活躍する「従業員」の存在

ここ数年、酵素の重要性に注目が集まっていますが、そもそも「酵素」って一体何なのでしょう? 

酵素とはタンパク質のことで、体内で働く体内酵素と外部から取り入れる体外酵素の2種類があります。体内酵素は、食べ物の消化や体内メンテンスに欠かせない影の立役者。酵素自体は変化せず体の大切な作用を手助けする触媒、つまり仲介人となるものです。

酵素がなければ消化や吸収だけではなく、活性酸素を除去することも、エネルギーを作り出すことも、細胞の入れ替えも、そして体内でのあらゆる物質の合成も不可能。つまり呼吸やまばたき、話したり食べることもすべて、酵素がなくてはできないのです。

覚えておくべき!消化酵素と代謝酵素

例えば、体内を1つの工場だとイメージするとわかりやすいでしょう。食べ物を分解する従業員が「消化酵素」、体内のメンテナンスや物づくりをする従業員が「代謝酵素」。

体内に2万種類以上存在しているといわれているこれらの体内酵素は、顕微鏡でも見えないほどの極小サイズ。それぞれの酵素は決められた1つの仕事しかできないため、常に形を変えながら必要に応じて体内で作られています。

食生活の乱れによって酵素不足に...

現代人の食生活は時間も量も乱れ、平均的に食べすぎ傾向にあります。また加工食品や大量の添加物、肉食など、消化の作業をする酵素にとっては過酷な状況。食べ物を摂るたびに唾液や胃液、膵液、腸液などの消化酵素が相当量必要になってきます。ですから過食気味な生活を続けていると、体内メンテナンス用の代謝酵素になるべきタンパク質が、消化酵素を作るために動員されてしまうのです。そのため十分な体内メンテナンスが行われなくなり、病気や老化を促進させてしまうことになるというわけです。

食は楽しむことが大切。ただ、楽しみながらも体内にいる従業員のことも頭の片隅に入れておきましょう。体内の従業員が円滑にお仕事をこなせるよう、ゆっくりとよく噛んで食べることや、遅い時間に食べ過ぎないことなど、意識してあげられると良いですよね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。