トレンド・ライフスタイル

【プレゼントにも】包装紙で作る!世界に一つだけのブックカバー

【プレゼントにも】包装紙で作る!世界に一つだけのブックカバー

皆さん、本はお好きですか? 私は文庫本や漫画が大好きで、電車の移動中に本を読むことが多いです。タブレットなどデジタルガジェットも好きですが、アナログな質感や風合いなど本には本の良さがあります。電車やカフェなどで読書している人をよく見かけますが、持ち歩いていると表紙が汚れてしまったり、傷がついてしまいますよね。そんな時に、ブックカバーがあれば大事な本もキレイなまま。どんな本を読んでいるか周囲に知られたくないという人にもブックカバーを推奨します(笑)。

実は昔、本屋でバイトしていたことがあり、文庫本にカバーをつけるのが私のちょっとした特技だったりします。書店でもカバーをつけてくれますが、ちょっとそれだと物足りないという方は、世界にたった一つのオリジナルブックカバーを作ってみませんか? 今回は、私が実践している簡単でかわいいオリジナルカバーの作り方をご紹介しましょう。

使用する材料

  • 海外の雑誌の切り抜き
  • オシャレな包装紙
  • シールやスタンプなどコラージュしたい物
  • ハサミ
  • 両面テープ

作りかた

  1. 文庫に合わせて包装紙でカバーを折る。
  2. 包装紙の上にシールやスタンプでコラージュする。
  3. 包装紙のあまりでブックマーク(しおり)を作る。

紙にシールやスタンプでコラージュする時は、糊だと紙が水分で縮むことがあるので、両面テープがオススメ。紙が縮まずにピタッとキレイに貼れます。また、家にかわいい紙がないという方は、ラッピンググッズが買えるお店や文具屋さんに行けば簡単に手に入ります。私の行きつけは「WRAPPLE」というお店。1枚300~500円ほどのリーズナブルな価格で、色んな種類の包装紙を取りそろえています。また、小さいサイズの本であれば、海外のオシャレな雑誌の切り抜きでもかわいく作れますよ♪

お友達に本をプレゼントする際に、オリジナルカバーと一緒に渡すのもなかなか粋ですよね。カバーにスタンプやペンでメッセージを描いてプレゼント。受け取った人が読む時の「ワクワク感」もプレゼントに添えてみてはいかがでしょうか?

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。