トレンド・ライフスタイル

塗るだけで海外風インテリア♪家具をパリ風にペイントしよう!

塗るだけで海外風インテリア♪家具をパリ風にペイントしよう!

長く使っているインテリア家具にちょっぴりマンネリ...そんな経験はありませんか? といっても、買い替えるとお金はもちろん手間もかかるし一苦労ですよね。そんな時は、その家具をペイントして変身させてみませんか?

今回ご紹介するのは、家具を上手にペイントするコツと活用例。使用するのは、夏水組が「壁紙屋本舗」さんとコラボで開発した「夏水組セレクション」という全13色の水性ペイントです。ホームセンターにはなかなかない、この絶妙な色がポイントです。塗るだけでインテリア小物をパリ風に大変身させることが出来ますよ♪

まず作業に入る前に覚えておきたいのは、ペイントする箇所はキレイに拭き、塗らない部分はしっかり「養生」しておくこと。よく建築業界では「養生8割、塗り2割」と言われているのですが、塗る技術よりもその前の準備段階が実はすごく重要なんです。

今回使用した色は、アモワ―ル(左)とボワドゥローズ(右)。ひと塗りして、乾いてからもうひと塗りするとキレイに仕上がります。今回は棚の奥にブルーのタイル柄の輸入壁紙を貼ってみました。ペイント&壁紙の効果でより華やかに仕上がりました。夏水組セレクションは嫌な匂いがなく、万が一洋服に付いてしまっても洗えば落ちるので安心です。ニスなど既に仕上げがなされている家具の場合は、軽くヤスリを施してから。プラスチックの場合はプライマー(下地)を塗ってくださいね。

そして、こちらは吉祥寺で人気の飲食店「くまもり食堂」さん。こちらの椅子も夏水組セレクションを使ってペイントしています。

単色もかわいいですが、こうやって何色かを組み合わせてみるのもいいですよね♪

夏水組セレクションは、「GONGRI」「壁紙屋本舗」で購入できます。また、「壁紙屋本舗」では、初めてでも安心なペイント道具セットも販売しているので、初挑戦の方は併せてどうぞ。理想の家具や雑貨が見つからないという方は、いっそのこと自分で作ったほうが手っ取り早くてお手頃かも! まずは簡単なところから始めてみましょう。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

坂田夏水

坂田夏水

夏水組 代表取締役

デザイン会社「夏水組」の代表取締役。アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務を経て、2008年に「夏水組」を設立。女性特有なリノベーションやシェアハウスのデザインが注目を集めている。また西荻窪に展開している雑貨店「GONGRI(ゴングリ)」では、壁紙やDIYアイテム、国内外のかわいい雑貨を豊富にラインナップ中! 最新著書『夏水組の「家デコ」レシピ』も絶賛発売中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。