トレンド・ライフスタイル

日常をかわいく暮らす、ポップでカラフルなものづくりのひみつ。

日常をかわいく暮らす、ポップでカラフルなものづくりのひみつ。

Hello Sandwich(ハローサンドウィッチ)って、知っていますか?
本名は、Ebony Bizys (エボニー・ビジズ)。東京を拠点に活躍中のオーストラリア人女性アーティストです。

彼女は、紙を使ったコラージュやラッピングなどのデザイン活動を中心に行うアーティストであり、ブロガーでもあります。

母国のオーストラリアでは11年間VOGUEに勤務して、VOGUE LIVINGの副アートディレクターを務めていました。

来日してからも、日常にある素材からインスピレーションを受けてデザインアイデアを発信する彼女の世界観は話題となり、『Hello Sandwich かわいく暮らす、ものづくりのアイデア帖』(2012年/ビー・エヌ・エヌ新社)を出版しました。

この本では、既にあるものにひと工夫のクラフトを加えるだけで、日常がかわいく変身しちゃう秘密をHow to付きで紹介しています。

そして、今年1月にcommune galleryで開催された、Hello Sandwichの個展では、これまで発表されていないドローイング、そして新作のアートワークやクラフトワークを展示していました。

白い空間に彼女の色とりどりのアートワークがギュッと詰まっていて、一歩足を踏み入れただけで、とっても楽しい気分に。

基本的に本と同様、既存の紙やプラスティックを切ったり、貼ったり、彼女のエッセンスを加えて完成させていますが、日本人の感覚とそれ程離れておらず、優しい色使い、モチーフが心地よいのです。



そんなHello Sandwichはワークショップも時々開催しています。
大人気のイベントなので、ブログページから小まめにチェックしてみてくださいね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

吉田愛

吉田愛

アーティストマネージャー&PR

文化女子大学大学院 博士前期課程修了(被服学)。フリーランスとして、複数のアーティストのマネージメント、ブランドなどのPRを行なう。仕事で関わるジャンルはアート、ファッション、フード、アーキテクチャーなど様々。プライベートでは、ペーパー&プラスティックを使ったアート、グリーンとピンク、フレンチフライ、キンモクセイの香りにときめく。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。