トレンド・ライフスタイル

6つの異なるインテリアから選べるシェアハウス「RICCA」

6つの異なるインテリアから選べるシェアハウス「RICCA」

最近ますますニーズが高まってきているシェアハウス。私は「こひつじ不動産」というサイトで数多くのシェアハウスを紹介しているのですが、少人数シェアから大人数シェアまでそれぞれに特性があり、そこでの暮らし方も実に多種多様です。今回はそんな中から、夏水組が手掛けた「Ricca」というおうちをご紹介したいと思います。少人数シェアには少人数の良さがあり、大人数シェアには大人数の良さがある......どちらの暮らし方も楽しみたい!そんなよくばりを叶えられるのがこの「Ricca」です。

この「Ricca」は全22部屋。そのなかで3~4部屋ごとに6つの空間に分かれているという新しいスタイルのシェアハウスです。6つの空間は、ガーリーなお部屋からスタイリッシュなお部屋まで、それぞれ異なるインテリアで構成されています。全室個室なので、シェアハウスで心配されがちなプライバシー面に関しても安心。お1人ではもちろん、友達3~4人で一つの空間をまるごと借りるということもできますよ。

こちらのピンクを基調にしたガーリーなお部屋は「Type-F」の共有スペース。反対側の壁も小花柄でとってもかわいいんですよ♪ 女の子が好きなものがギュッと詰まっています。

こちらは「Type-B」の共有スペース。グリーンを基調にした北欧風インテリアが特徴です。ソファに座りながらみんなでテレビを観たり、お茶をしたり......想像するだけでワクワクしてきませんか?

場所は武蔵小金井に位置し、新宿まで中央線快速で23分、始発電車もあり通勤に便利な立地です。都会のど真ん中や駅近という便利さはないけれど、豊かな自然に恵まれたこの土地は、ここにしかない心地よさがあります。ゆったり自分らしい生活をしたい方におすすめです。

「RICCA」に関する詳しい情報は、不動産紹介サイト「Colish」や「ひつじ不動産」でもご覧になれます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに4月8日に発売した夏水組の本『夏水組 インテリア・コレクション』(けやき出版)でも、この「RICCA」を取り上げています。 

本の後半部分で「RICCA」が完成するまでの様子が紹介されています。工事後のクリーニングをした時、大型家具を入れた時、小物やインテリアを足した時。3段階に分けて、「RICCA」が出来ていく過程を撮影しました。

よくインテリアに関して相談を受けるのですが、「部屋の空間作りが難しい」という方は、実は大型家具を揃えた時点でストップしているケースが多いんです。じっくり一つひとつインテリア雑貨を買い足していくのもいいですが、それだと完成までに時間がかかったり、時間があるがゆえに迷うことも増えてきます。もちろん時間をかけてお気に入りを探すことは大切ですが、ワンストップで一気にお部屋を仕上げると迷いがなく、またインテリアにもまとまりができます。まずはテイストと主役になるカラーを決めるのがポイント。そこから、その空間にあう小物や雑貨を探していけばいいんです。物語と愛着のあるお部屋作り、引っ越しや模様替えを考えている人はぜひ挑戦してみてくださいね。

夏水組 インテリア・コレクション』(けやき出版)1,400円(税抜)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

坂田夏水

坂田夏水

夏水組 代表取締役

デザイン会社「夏水組」の代表取締役。アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務を経て、2008年に「夏水組」を設立。女性特有なリノベーションやシェアハウスのデザインが注目を集めている。また西荻窪に展開している雑貨店「GONGRI(ゴングリ)」では、壁紙やDIYアイテム、国内外のかわいい雑貨を豊富にラインナップ中! 最新著書『夏水組の「家デコ」レシピ』も絶賛発売中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。