トレンド・ライフスタイル

ヴィンテージパーツから作るから、一点もの。Mutlulukのアクセサリー

ヴィンテージパーツから作るから、一点もの。Mutlulukのアクセサリー

言葉のリズムや音の響きから、ブランドやアーティストのセンスを感じることってありませんか。
アクセサリーブランドのmutluluk(ムトルルク)もそんなひとつ。

初めてお会いしたのは、2年ほど前の巨大合同展示会でした。
色とりどりの世界、でもポップではなく、ちょっとミステリアスで、美しい魔法の国に似合いそうな色と形...ふたつとして全く同じものがない商品にどんどん引き寄せられてしまいました。


mutlulukの商品は全てヴィンテージのパーツを組み合わせて作られています。
バーツは世界中から集められていて、年代、国もさまざま。
ヨーロピアンテイストとアジアンテイストのパーツが組み合わさっているのに、それらがステキに融合していて、なんだかハッピーな気分になります。これは、東洋と西洋の文化と歴史の融合する国、トルコの言葉で「幸福」という意味を表すブランド名mutlulukとリンクしています。



色彩の組み合わせが独特なのに、まとまりがあります。
Mutlulukのデザイナー、ニシジマさん曰く、「反対色同士や、絶対合わないと思われる色の組み合わせをまとめていくことを意識して制作している」とのこと。
一見、派手かしら...? なんて思っても、肌に付けてみると不思議と馴染んで、気品さえも感じさせてくれます。

パーツが貴重なものだからこそ、大量生産も出来ません。
ほぼ一点ものです。
だから、気になるものを見つけたならすぐに行動を起こさなくてはなりません!
ネックレスとブローチの両方使い出来るものもあって、親子でもシェアできるし、シーンによっても使い分けが出来ます。



これから暑くなり肌の露出が増える季節、mutlulukのアクセサリーを身につけて、ちょっとミステリアスで美しい季節を過ごすのも良いかもしれません。
6月には、阪急うめだ本店でイベント開催予定とのことなので、チェックしてみて下さい。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

吉田愛

吉田愛

アーティストマネージャー&PR

文化女子大学大学院 博士前期課程修了(被服学)。フリーランスとして、複数のアーティストのマネージメント、ブランドなどのPRを行なう。仕事で関わるジャンルはアート、ファッション、フード、アーキテクチャーなど様々。プライベートでは、ペーパー&プラスティックを使ったアート、グリーンとピンク、フレンチフライ、キンモクセイの香りにときめく。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。