トレンド・ライフスタイル

短時間でこんなに鮮やか!ブローチに彩りを加える工夫

短時間でこんなに鮮やか!ブローチに彩りを加える工夫

装いに彩りを加える、ブローチ。
金属アレルギーだし、汗っかきだし、肌につけるアクセサリーが苦手、という方でも、洋服の一部という感覚で身につけやすい、便利なアイテムです。

そんな素敵なアイテムに、さらに彩りや華やかさを加える方法をご紹介します。

飾りをつけたいお洋服に、ブローチの針で、リボンと一緒に留めるだけ。 大きめのブローチには、太めのオーガンジーリボンを重ねてふんわりと、よりガーリーに。

無造作にくるくるっとまいてとめるだけで、こんなに雰囲気が変わります。

アンティークの黒猫ブローチと、縁にアクセントの刺繍がある、紺色のリボン。リボンの長さや向きを揃えると、ロゼットのような雰囲気に。
同じオーガンジーリボンでも、付け方や色・形を変えるだけで、ぐっと大人っぽい印象。

ブローチよりカジュアルな缶バッジでも、応用可能。
細めのリボンは、さりげないけれど可愛らしい印象。小さい缶バッジとも相性が良いです。

ブローチとリボンの組み合わせを変えたり、リボンをレースにしてみたり、何種類かを混ぜてみたり、アレンジはアイディア次第。
バッグや帽子につける時にも、ぜひ色んな組み合わせで、試していただきたいです。

モデル:江藤香凜、山中玲奈

谷川夢佳

谷川夢佳

スタイリスト

1991年東京生まれ。自由学園女子部中・高等科を経て、バンタンデザイン研究所スタイリスト科卒。2010年アクセサリーブランド『Yumeka』活動開始。12年渋谷PARCO「シブカル祭」出展。甲斐みのり主宰のWebshop「Loule」等を中心に商品を展開。雑誌・PV・CMなど様々な媒体で活動中。13年おはなしを担当した絵本作品が白泉社「MOE絵本グランプリ」最終選考に。文筆家としても活動の幅を広げている。著書に、企画とスタイリングを担当した写真詩集「〈どこかの森〉のアリス」(LD&K BOOKS)、「雪の国の白雪姫」(PARCO出版)
HP Blog「夢日記」

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。