トレンド・ライフスタイル

梅雨時に使える!ド定番・ひとつ結びをオシャレに見せるコツ

梅雨時に使える!ド定番・ひとつ結びをオシャレに見せるコツ

そろそろアイツがやってくる...。「広がる、うねる、まとまらない!」 そう、女性の髪悩みを増やす梅雨! しかし、心配しなくても大丈夫。そんな悩みはまとめ髪で解決しちゃいましょう♪ 今回はそんなまとめ髪のド定番・ひとつ結びをオシャレに見せちゃうテクニックをご紹介します。

ポイントは、「見えている部分のみ」手を加えること!

髪をオシャレにまとめるコツとして、「全体を軽く巻いておく」という方法はよく知られています。でも、結んだ部分より下が見えないひとつ結びなら、全体を巻く必要はありません。ここで最も大事なのは、ハチ周りのふんわり感! 根もとに近い部分のみを巻いておくだけで、「ひとつ結び→こなれヘア」に早変わりしちゃいます!

オシャ見えひとつ結びのやり方

1. 結んだときに見える頭頂部~ハチ周りを中心に髪の毛を巻く。
(POINT:根もとがふんわりと立ち上がるように、後ろに向かって巻きましょう。)



2. スプレーワックスなどを手ぐしでもみこんで、空気をたっぷり髪に含ませ、後ろでざっくりと一つに結ぶ。
(POINT:ギュッときつめにゴムで結び、サイドや後頭部の毛束を上に引き出すようにつまんで、ラフに仕上げて!)

 梅雨時だけでなく、時間がないときにも重宝する今回のテクニック。さらに、細めのコテでハチ上の毛束にキツめにウェーブをつけ、ジェルなどでウェットな質感にしてから一つにまとめてもオシャレです♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。