トレンド・ライフスタイル

オシャレさ2割増♪手作りバゲットケースでピクニックがもっと楽しく!

オシャレさ2割増♪手作りバゲットケースでピクニックがもっと楽しく!

「タイベック(R)」というちょっと変わった資材をご存じですか? タイベック(R)は、デュポン社が独自開発した高密度ポリエチレン不織布で、とても変わった性質があります。

湿気(水蒸気)は通して水は通さないという透湿・防水性、そして強い耐久性能を持っていて、建築資材や医療用滅菌包材、化学防護服、農業用などに使われています。

「湿気を通して水は通さず!」というこの性質を活用できるのが、今回ご紹介する「バゲットケース」。私は、ピクニックやキャンプにバゲットを持っていくことが多いのですが、「パン屋の紙袋だとすぐにクシャクシャになっちゃうな...」と困っていたところ、このタイベック(R)を使った手作りバゲットケースを思いつきました。

今回はミシンで縫いますが、タイベック(R)と相性の良いデュポン社の防水テープ「フレックスラップテープ」で留めても作れるので、ミシンを持っていない方でも簡単に作れちゃいますよ♪

★使用する材料

  • タイベック(R)(必要な長さでOK)
  • ミシンと裁縫セット

★作りかた

  1. バゲットのサイズを計り、筒状にミシンで縫う
  2. 袋の底になる部分を縫い、バゲットが入りやすいようにマチを作る
  3. 口を折って封ができるように、結び紐を付けてできあがり。バゲットが短くなっても紐を下で結ぶことができます!

ミシンの縫い目があるので完全防水ではありませんが、ビニールや紙袋に比べると随分と快適に外へ持ち出すことができます。ホームセンターなどで建材として売られていてお値段も安く、ネットでも手軽に購入することができます。

上の写真のように、スタンプで文字を入れてもかわいいですよ。アウトドアが楽しいこの季節、今週末はバゲットを持って公園でピクニックなんていかがでしょうか?

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。
Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)Invalid category filter: (編集部のピックアップ!)