トレンド・ライフスタイル

梅雨のおうちタイムをハッピーに過ごすには?会話のはずむリビングの作り方

梅雨のおうちタイムをハッピーに過ごすには?会話のはずむリビングの作り方

こんにちは! センセーションカラーセラピストの嶋田です。梅雨のこの時期、外に出るよりも家で過ごすことの方が多くなりますね。

せっかくのおうちタイム、ひとりで過ごすにしても、家族と過ごすにしても、大切な人と過ごすにしても、楽しくhappyに過ごしたいものですよね。そんな時におすすめしたい色が「オレンジ色」です。

オレンジ色はコミュニケーションを活発にしてくれる色。人を楽しませたり、場を盛り上げたりする時に力を貸してくれます。消極的な言葉では人に届きませんし、反対に調子に乗ったおしゃべりは場の雰囲気を壊してしまいます。キャンプファイヤーをイメージすると分かりやすいかもしれません。人が集まるキャンプファイヤー、楽しむにはほどよい炎の大きさがポイントですよね。

フレンドリー感を演出しながら、居心地良い距離感と多くの人とのつながりを築くのに役立つ色が炎の色、オレンジ色なんです。家族や仲間が集まるリビングやダイニングにも使ってほしい色です。

また、食欲増進にも一役買ってくれる色なので、テーブルクロスや小物に使うことで会話の弾む食卓を演出することができます。オレンジ色の食材(にんじん、かぼちゃなど)を積極的に使って、彩り鮮やかなお食事を楽しむのもオススメです。

TeaTimeには輪切りにしたオレンジをたくさん入れたオレンジティーのように色が印象的な飲み物もいいですね。食材が思いつかなければお花をかざるもの一案。食卓がぱっと元気な雰囲気になりますよ。

じめじめ・しとしとした天気の日こそ、オレンジ色の明るさをぜひ積極的に活用してみてくださいね。おうちで会話や食事を楽しめる親しみやすい空間を演出できますよ!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

嶋田佑紀

嶋田佑紀

センセーションカラーセラピスト

合同会社emo代表。キャリアに係る教育と支援事業ならびにカウンセリング事業を展開。カラーセラピーを取り入た、浄化、気づき、動機付けへとつなげる色彩カウンセリングを実施。「アートセラピーの会」「カラーセラピーとカラフルフードを楽しむ会」等、色を活用した心と体を健康にするイベントも開催している。著書に『なりたい自分になれる しあわせ色ごはん』(幻冬舎ルネッサンス)。http://www.emo-lab.jp/ https://www.facebook.com/emo.lab.official

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。