トレンド・ライフスタイル

おうちで陶芸家気分♪粘土とオーブンで作る「手作り箸置き」

おうちで陶芸家気分♪粘土とオーブンで作る「手作り箸置き」

いきなりですが、私は「箸置き」を集めるのが大好きです。季節ものや変わった形のもの、動物モチーフや旅のお土産で買ったもの...。

我が家には色んな種類があるのですが、毎日ごはんの時間に、その箸置きを眺めながら「今日はどれにしようかな」と悩む時間がすごく楽しい。お土産やプチギフトとして箸置きを選ぶことも多いです。

今回ご紹介するのは、そんな箸置きの作り方。散歩の途中に立ち寄ったお店で、オーブンで焼ける陶芸粘土「てびねり」を発見したのがキッカケでした。これが非常にお手軽で、お値段もリーズナブル! 陶芸と聞くとハードルが高そうに思えますが、これなら気軽に挑戦することができますよね♪

※ちなみに、粘土を使う際は爪楊枝でも作業できますが、かきべらセットがあるとさらに役立ちます。1000円ほどで手に入るので、私も1セット持っています。粘土以外にもジオラマ作りなど、細かい作業をする際にあると非常に便利ですよ!

使用する材料

  • 陶芸粘土(レンジで焼けるタイプ)
  • 防水仕上げ専用液
  • 粘土ベラセット

作り方

  1. 陶芸粘土で、好きな形の箸置きを作ります。
  2. 1週間~10日ほどしっかり部屋の中で乾します。
    (ちゃんと乾さないと失敗するので要注意!)
  3. 160度のオーブンで約30分ほど焼きます。
  4. しっかり冷ましてできあがり。

そのままでも十分かわいいのですが、着色したい人はアクリル絵の具で色を塗り、専用防水仕上げ液を塗って乾かしましょう。

小さな箸置きならたくさん作れるので、友人や知人へのちょっとしたギフトにもぴったりです。オーブンで焼く時に少しムラができますが、それも味として楽しんじゃいましょう♪ 

乾くまでに少し時間が必要ですが、のんびり気長に作ってみて下さいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。