トレンド・ライフスタイル

あなたの日傘は大丈夫?意外と短い日傘の寿命

あなたの日傘は大丈夫?意外と短い日傘の寿命

日差しが強く感じられる今日この頃。日焼け防止に日傘はマストですよね。でも実は日傘には寿命があるんです! さしていても意味がない! なんてことにならいようにさっそくチェックしましょう。

あまり知られておりませんが、日傘の寿命は1~3年と実はとても短いもの夏の強い日差しによって生地が傷み、紫外線カット率が低下してしまうためです。長く使っている日傘はその機能を果たせていないものがほとんど。3年以上、同じ日傘を使い続けないようにしましょう。短期サイクルで買うことになる日傘ですが、選ぶ際に押さえるべきポイントがあります。

  • 生地の色...外側は何色でもOK。しかし内側は、地面からの紫外線対策のため、光沢のある生地が施されている傘はNGです。
  • 紫外線カット率...日焼け&シミ防止のために、カット率は高いものを。
  • 遮光率...日焼け&シミ防止に加えて「日除け」効果も求める場合は、この「遮光率」を要チェックです。

日傘は黒色が良い、という話をよく聞きますが熱を吸収して熱くなってしまうデメリットがあります。大切なのは紫外線カット率と遮光率。黒にこだわらず、お気に入りの色を選んで大丈夫です

「毎年のように日傘を替えるのはエコじゃない」という人に

傘を捨てずに再利用する方法もあります。傘の生地で作れるエコバッグなどです。お気に入りの生地の傘を手放す時など、試してみるのも良いかもしれません。意外と簡単に作れるそうです。

エコバッグ以外にも、傘の生地を自転車の椅子カバーにしてみたりするのも良いかもしれません。可愛い生地の日傘は多いので、可愛い小物に変身してくれるでしょう。

[リーベン]

(土屋文恵)
[マイロハスより]

さっそく今使っている日傘の買い替え時をチェックして、真夏の強い日差しに備えましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。