トレンド・ライフスタイル

床のキズ防止&お部屋をオシャレに?手編みのスツールソックス

床のキズ防止&お部屋をオシャレに?手編みのスツールソックス

以前紹介したコーヒースリーブと傘の取っ手カバーに続き、今回ご紹介するのも「ニット」を使ったDIYアイデアです。私が主催する「メルヘン手芸部」という編み物のワークショップメンバーからも「あの編み方、楽しい!」とご好評いただいているので、今回もその編み方を応用したアイテムを考えてみました。目がぎゅっと詰まっている編み方なので、色んなものに応用できるんですよ。

今回取り上げるのは「スツールソックス」。スツールの脚につけるカバーです。(キャップとも言いますね)床を傷つけないという実用性もさながら、空間がちょっとほっこりしておうちタイムが楽しくなりますよ♪

使用する材料

  • エロイカの毛糸
  • 8/0かぎ針

作り方

  1. 鍵編みでスツールの脚より少しだけ小さめに筒状に編む。
  2. 編み終わりを余りの毛糸で縫い合わせ、スツールの脚に被せてできあがり。

床の傷が減り、カタカタと鳴る細かい音も軽減されます☆ 素材が毛糸なので、滑りも良くなって使い勝手もグッと良くなりますよ。30分ほどで簡単に編めるので、スツール以外にもテーブルやチェアなど色んなソックスを作って、お部屋の床をPOPにするのも楽しいですね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。