トレンド・ライフスタイル

ただ持つだけじゃオシャレに見えない!!クラッチ美人の絶対ルール

ただ持つだけじゃオシャレに見えない!!クラッチ美人の絶対ルール

今やすっかり定番アイテムとなったクラッチバッグ。最近は、実にさまざまなデザインや素材のものを、ショップで見かけるようになりました。クラッチバッグは持つだけでこなれて見えたり洗練されて見えたりと、オシャレの心強い味方♪ 

ですが、ただ持っていればオシャレに見えると思ったら大間違い。買って満足するのではなく、これからは「取り入れ方のコツ」をマスターして、ワンランク上の着こなしを目指しませんか? そこで今回は、海外のスナップを参考に、クラッチ美人になれるコツをご紹介します。

【POINT 1】クラッチを着こなしのアクセントに!

クラッチを主役にしたコーディネイト。白のシャツワンピに、トリコロール配色のクラッチがアクセントとして効いています。洋服はごくシンプルですが、全体の雰囲気はとても華やか。こんな風に小物使いが上手だと、グッとこなれて見えますよね。柄タイプをはじめ、ネオンカラーなど主張が強いデザインを選ぶのがポイントです。

【POINT 2】ワザあり!素材感で周囲と差をつける

クラッチバッグの形はどれを選んでもあまり差がないですが、「素材」には身につける人のセンスが表れます。このコーディネイトのように、モコモコとした質感もユニーク! 今の時季なら涼しげなカゴ素材もいいですし、カジュアルなキャンバス地もオススメです? また、秋にかけてはファー素材のクラッチも要チェック! 鮮度の高い素材選びがクラッチ美人のコツですよ。

【POINT 3】上級者はミニタイプをデイリー仕様に

手のひらに収まるような「ミニタイプのクラッチ」も、注目アイテムの一つ。ミニタイプはパーティシーンなどでよく見かけるため、一見ラグジュアリーな印象がありますが、それをあえて普段使いするのが、オシャレな海外エディターの間では定番☆ ラメやメタリック素材、ビジュー使いなど、華やかなデザインのものを選べば、小振りながらも存在感を印象づけられます。普通のクラッチじゃ物足りないという人は、ぜひチェックしてみてください♪

クラッチバッグをオシャレに使いこなすには、選び方と合わせ方を工夫するのがポイント! 今回紹介したコツを活用して、周囲から一目置かれる「クラッチ美人」を目指してくださいね?

photo/Naoko Takagi coordinate/Hiromi Yamada

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

昼田祥子

昼田祥子

ファッションエディター

大学卒業後、編集プロダクションを経て出版社に転職。その後、幻冬舎「GINGER」の編集に携わったのちフリーランスに。現在は女性誌を中心に、企画・編集・執筆などを行う。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。