トレンド・ライフスタイル

ディテールにこそこだわりたい!「取っ手」のアレンジアイデア4選

ディテールにこそこだわりたい!「取っ手」のアレンジアイデア4選

インテリアと言えば、壁や大きな家具に目が向きがちですが、「もっと細部にまでこだわりたい」という方に注目していただきたいのが取っ手です。陶製やビーズ、アンティークのものなど、取っ手には色んな種類があるんですよ。ご自宅のキッチンや家具の取っ手、自分好みにアレンジしてみませんか? 既存の取っ手を取り替えるだけで、グッと愛着が湧いてきます。そこで今回は、取っ手のアレンジアイデアをご紹介いたします!

【アレンジ1】あえて異なる色&柄をMIXする

同じ取っ手じゃないといけないというルールはありません。このように、あえて色や柄が異なるものを組み合わせることでポップな雰囲気に♪ お料理タイムも楽しくなりそうですね。2つ穴が空いている引き出しには、別々の取っ手を付けてみるのもオススメです。

【アレンジ2】ユニークな形のものをチョイスする!

このフクロウ、置き物ではなく実は取っ手なんです。こういった存在感のあるものは、一つ付けるだけでもインテリアのアクセントになってくれますね。ある程度のサイズ感があるものであれば、バッグやエプロンなど引っ掛けられるので実用性もバッチリです。

【アレンジ3】夏にぴったり! 清涼感のあるガラス製

ガラス製の取っ手というのもあります。見た目が上品で涼し気なので、この時季にはもってこい! クリスタルのような質感、思わず女子ゴコロをくすぐられてしまいますよね。白や淡いカラーのガーリーな家具に合いそうです♪

【アレンジ4】家具とのカラーリングで新鮮さを演出

シンプルな無地の取っ手も、家具との配色で雰囲気がガラリと変わります。例えば、この写真のように真っ赤な扉に黄色を合わせれば、新鮮な印象に。絶妙なバランスに仕上がっています。

ほら、取っ手を付け変えたくてウズウズしてきませんか(笑)? インテリアはディテールにこそセンスが光るもの。気になった方はぜひトライしてみてください☆

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

坂田夏水

坂田夏水

夏水組 代表取締役

デザイン会社「夏水組」の代表取締役。アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務を経て、2008年に「夏水組」を設立。女性特有なリノベーションやシェアハウスのデザインが注目を集めている。また西荻窪に展開している雑貨店「GONGRI(ゴングリ)」では、壁紙やDIYアイテム、国内外のかわいい雑貨を豊富にラインナップ中! 最新著書『夏水組の「家デコ」レシピ』も絶賛発売中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。