トレンド・ライフスタイル

アイルランドの花や動物たちをスポンジで描く、ニコラス・モスのかわいい陶器

アイルランドの花や動物たちをスポンジで描く、ニコラス・モスのかわいい陶器

アイルランドを代表する陶芸家、ニコラス・モスの器をご紹介します。

アイルランドってどこだっけ? という方のために少しだけ説明を。アイルランドは地図で見るとイギリスの左横にある、緑豊かで、ケルト文化が色濃く残る島。音楽やダンスが有名です。リバーダンスを観た! という方も多いかも。そして、アランニットに代表されるニット、レース編み、クリスタルや陶芸などハンドクラフトがとても盛んな国なんです。  

数ある陶芸工房のなかでも、世界的に有名なのが、このニコラス・モス。カントリー風の素朴で温かみのある器は、時代や場所を超えて愛されています。

タイニーボウル(直径約10cm)、2.730円。
模様は左から、Old Rose、Wild Flowers、Clematis。
ニコラス・モスの定番的な柄。

動物模様のマグカップ、Sサイズ3,780円、Lサイズ5,150円。
アイルランドは羊がたくさんいる国!

ニコラス・モスの工房があるのは、アイルランドの南東に位置するキルケニーのベネットブリッジという小さな村です。特徴的な絵柄は、「スポンジウェア」という、18世紀に生まれた伝統的な手法。切り抜いたスポンジに色を浸し、スタンプを押すように陶器の表面にポンポンと色を置いて絵付けします。今でももちろん、ひとつひとつが手作業です。モチーフは、身近な花や動物たち。ホッとする愛らしさです。

工程はすべて手仕事。写真はWebサイトより 

タイニープレート(直径11.5cm) 2,630円
おやつのプレートに。アクセサリー入れにしてもかわいい

このニコラス・モスの器で、アイルランドの紅茶を飲めるティールームが東京にあります。上板橋のカフェ、クラン。器を輸入販売しているアイリッシュツリーが開いているお店です。アイルランドは紅茶大国。紅茶の個人消費量は世界一なんですよ。そんなアイルランドの美味しい紅茶と、お店の手作りのスイーツや食事を楽しめます。もちろん器の展示や販売もしています。

スコーン 150円、紅茶は450円から。
器の模様は「Forget me not(わすれな草)」

ニコラス・モスの器で、アイルランドののどかなそんな風景を想像しながら、ゆったりとティータイムを過ごしてくださいね。

商品取扱:アイリッシュツリー

アイリッシュ ティールームクラン
東京都板橋区上板橋2-37-8細川ビル1階
電話:03-6659-5529
営業時間:8:00?20:00
定休日:木曜日

ニコラス・モスの工房も訪ねる、アイルランドの手仕事をめぐるツアーも募集中。アイルランドの魅力がギュッと詰まったツアーです。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

菅野和子

菅野和子

エディター/ライター

主に食、クラフト関連の雑誌や書籍に関わる。ライフワークテーマは、色彩と手仕事と古楽器。アイルランドとニューメキシコと八重山諸島が大好き。今年から念願の織りを始めました。アイコンはメキシコの人形です。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。