トレンド・ライフスタイル

ランチ前1度がキモ!先手必勝のメイク直しでサラサラ肌をキープ

ランチ前1度がキモ!先手必勝のメイク直しでサラサラ肌をキープ

メイクが崩れやすい夏の皮脂分泌は、なんと冬の約2倍だそう! 気温上昇とともに必須となるメイク直しですが、できることなら少ない回数で済ませたいですよね。そこで今回は、たった1度のお直しで化粧崩れが「なかったこと」になっちゃう、優秀なメイク直しテクをご紹介します。

薄づきなのに美肌キープ! 秘密は下準備にあり

メイク直しの際、ファンデーションなどを「ただ足すだけ」では、厚塗りになる一方。毛穴やヨレが目立って逆効果になりかねません。ナチュラルに仕上げるポイントは、1度皮脂をオフすること。この一手間でメイク直しの持ちがグッと良くなります。また、皮脂分泌のピークを迎える前の午前中にメイク直しをすると、直す回数が少なくてすみますよ!

薄づきメイク直しの方法

  1. 浮き出た皮脂をあぶらとり紙(乾燥が気になる人はティッシュがオススメ)でとる。
  2. 何もついていないスポンジで、よれたファンデーションをなじませる。
  3. ブラシに少しだけパウダリーファンデーションを含ませ、2の上からトントンと重ねる。

    【point】皮脂浮きしやすい小鼻まわりは、丁寧にメイク直しをするときれいな仕上がりに! 手首のスナップを効かせて、ブラシを回転させるようにしてふんわり仕上げましょう。

ファンデーションブラシの使い方はコチラも参考にしてみてくださいね。

メイク直しの目的は、メイクしたてのきれいな状態を再現すること。今回ご紹介した薄づきお直しテクを使えば、1日中美肌をキープできるはず♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。