トレンド・ライフスタイル

仕事も恋も勝負下着!こんな時にはこんな色を使うと効果的

仕事も恋も勝負下着!こんな時にはこんな色を使うと効果的

こんにちは、カラーセラピストの嶋田です。夏の疲れが出る頃ですね。心も身体もお元気ですか。
今日はそんな疲れに効果的な色の使い方をお話します。

下着の色はとっても大切

色にはそれぞれの色が発する「気」があります。私たちは、その色の「気」を、肌を通して身体に取り込んでいます。そして、直接肌に触れている下着として身につけている色は大切です。生殖器や心臓近くといった身体の中心は、エネルギーを放出している部分。触れる色というのは特に重要なんです。

心と身体を整えるために色を使ってみよう

色が与えるメッセージの特徴を知ると、目的のコンディション近づくことができます。また身体は常に変化するので、一つの色にだけこだわらないで、バランス良く取り入れてみましょう。

  • やる気を出したい、フットワークを軽くしたい...赤色
  • 社交的に人と関わりたい、ショックな出来事を癒やしたい...オレンジ色
  • 集中力を継続させたい、勉強や資格取得に向けて準備したい...黄色
  • 落ち着いた時間を過ごしたい、思考の整理をしたい...緑色
  • 誰かと本質的な大切な話をしたい...青色
  • 創造的に活動したい、感性を育てたい...紫色
  • 愛情表現を素直にしたい、思いやりある言動をとりたい...ピンク色
  • 風邪のひきはじめに対策したい、心身共にリセットをしたい...白色

色を見た時に感じることを大切に

心や身体の調子を観察すると、色の気が不足している時と過剰摂取な時があるのが分かります。過剰な時は、その色を無意識に避けていたり、見ると気分がどよーんとすることがあります。逆に不足している時は、その色を無意識に欲していることがあるのです。

同じ色の下着ばかり身につけていませんか? 色がかたよっていると気が滞ります。意識的に色を選択すると、元気な毎日が送れるかもしれません。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

嶋田佑紀

嶋田佑紀

センセーションカラーセラピスト

合同会社emo代表。キャリアに係る教育と支援事業ならびにカウンセリング事業を展開。カラーセラピーを取り入た、浄化、気づき、動機付けへとつなげる色彩カウンセリングを実施。「アートセラピーの会」「カラーセラピーとカラフルフードを楽しむ会」等、色を活用した心と体を健康にするイベントも開催している。著書に『なりたい自分になれる しあわせ色ごはん』(幻冬舎ルネッサンス)。http://www.emo-lab.jp/ https://www.facebook.com/emo.lab.official

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。