トレンド・ライフスタイル

「秋になると肌が冴えない」その理由は○○にあった!?

「秋になると肌が冴えない」その理由は○○にあった!?

「秋になると、肌が冴えない」という悩みを、毎年抱えている方も多いのではないでしょうか。秋にあらわれる透明感のなさ、乾燥&小じわ、シミなどの肌トラブルの多くは、夏に溜まったダメージが原因!
夏に溜まってしまうダメージがもたらす肌トラブルの原因と対策を知っておき、秋に備えておきましょう。

夏のダメージがもたらす肌トラブル

  1. 透明感のなさ
    夏に蓄積した紫外線ダメージによってくすみやすく、さらに秋が深まるにつれて気温が低下し肌の血流量が減少しまうので、顔色が悪く見えてしまうのです
  2. 乾燥・小じわ
    紫外線を浴びたあとは、きめの乱れが一目瞭然!夏の強い紫外線のダメージによって水分が奪われ、肌の生まれ変わりのリズムが乱れてしまいます。そこから、乾燥や小じわへ一直線...。
  3. シミ
    紫外線量は9月から低下するものの、秋は夏の多量な紫外線の影響でメラニン量が多く蓄積されたままになっています。そのため、シミやソバカス、肌のくすみに悩まされることになるのです。

うるおいをグングン届ける角層ケアで脱・夏のダメージ!

夏のダメージが溜まり、さまざまなトラブルがあらわれている肌に、真っ先に必要なのは肌表面の角層を整えるケア!夏の環境と最前線で戦いボロボロになった角層を、化粧水+乳液のベーシックケアで、まずはきちんと保湿することが重要になってきます。角層をうるおす化粧水と乳液でしっかりとケアしてあげましょう。
化粧水や乳液のなじませ方も重要です。コットンを使いゆっくりとすべらせるようになじませると、うるおいがさらに実感できるのでオススメです。

また、ハリがないという悩みにはコラーゲンが入ったもの、シミやくすみの悩みには美白成分の入ったものなど、それぞれの悩みにあった化粧水+乳液を使うことでさらに効果が出ます。

秋になって焦らないよう、夏のうちから意識しておくことで、脱・夏ダメージを目指しましょう!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。