トレンド・ライフスタイル

マンネリ化打破のヒントはメンズファッションにあり!

マンネリ化打破のヒントはメンズファッションにあり!

コーディネートのネタが尽きたら、メンズのアイデアを頂戴するのも手! 最近は、シャツやスウェット、スニーカーなど男女ともに使えるユニセックスアイテムがトレンドということもあって、男子のおしゃれには応用できる着こなしヒントがたくさんあるんです! 今日は、おしゃれメンズのコーディネートをご紹介しちゃいます。意外にも気づかなかった「なるほど!!」なネタがあるかも♪

【ヒント①】オールネイビーで上下をそろえて

ネイビーはこの春夏のトレンドカラー。写真の彼は、シャツからパンツまで濃淡をつけながらオールネイビーにまとめていて、知的なムード。全く同じ着こなしは出来ないにしても、ワントーンというアイデアは真似できそう♪ 下半身に一番濃い色を持ってくると、すっきり感がアップ。小物をブラウン系にすることで、色のバランスもきれいにまとまりますね。

【ヒント②】デニムオンデニムを辛口に!

全身デニムで固めた着こなしは、すでによく知られているコーデですが、注目したいのは足もと。メンズならではのハードなブーツを合わせると、鮮度がアップ! 女子なら、ショートブーツで応用してみるのもいいかも。意外にも足もとのバランスが変わると、全身の印象はがらりと変わってくるんです。デニムオンデニムに飽きてしまった...という人はぜひトライしてみてくださいね。

【ヒント③】クラッチ×サングラスでこなれ感がアップ

スウェットにパンツというシンプルコーデなのに、おしゃれオーラが漂う着こなしがこちら。その秘密は、小物使いにあり! クラッチだけでなくサングラスもセットにすることで、こなれ感が倍増するんですね。これを真似して、明日からはセット使いにしてみるのもいいかも♪

いかがでしょうか。メンズコーデにもいっぱい使えるネタがあるんです! 街でおしゃれなメンズを発見したら、さり気なくコーデもチェックしてみてくださいね。

Photo/Hiromi Yamada, Hiroko Takagi Coordinate/Hiromi Yamada

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

昼田祥子

昼田祥子

ファッションエディター

大学卒業後、編集プロダクションを経て出版社に転職。その後、幻冬舎「GINGER」の編集に携わったのちフリーランスに。現在は女性誌を中心に、企画・編集・執筆などを行う。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。