トレンド・ライフスタイル

賃貸でもオーダーメイド可能!参考にしたいお部屋のカスタマイズ例

賃貸でもオーダーメイド可能!参考にしたいお部屋のカスタマイズ例

「賃貸物件は自由にカスタムできない」「マンションや家を買わないと無理...」なんていうのは一昔前のこと。今は、賃貸でもオーダーメイドでリノベーションできてしまう時代です。試しに不動産屋へ行って「壁紙が選べる賃貸物件ありますか?」と相談してみてください。実は、結構あるんですよ。聞かないから、巡り会わないだけなんです。賃貸だからと諦めないで、どんどんお部屋のカスタマイズを楽しみましょう!

オーダーメイド賃貸と言えば、以前メゾン青樹の「ロイヤルアネックス」をご紹介しましたが、それ以外にも最近じわじわと日本全国でさまざまな賃貸カスタマイズの動きが広まってきています。今回は、お部屋のイメージがガラリと変わる、賃貸でも可能なカスタマイズポイントをご紹介します。

POINT1.「壁紙」を変える

壁はインテリアの印象を決める大事な要素。色を変えるだけでグッと全体の印象が変わります。もちろん、部屋の全面でなく一面だけでも十分です。壁の色を変えると、その壁に合う家具や飾り物を見つけたくなりますよね。大きなミラーを置いてみたり、好きなポスターを飾ってみたり、マスキングテープでさらに模様をつけてみたり...どんどんお部屋をあなた好みにしていきましょう。

POINT2.「床」を変える(置くだけでもOK!)

次に注目したいのは床。壁に満足すると、多くの人はその次に床が気になるようです。「でも床を変えるって大変そう...」と思われるかもしれませんが、この写真のように、床の上に置くだけの無垢フローリングもあります。手軽に床を変えたいという方にはオススメです!

POINT3.本格派は「間取り」もカスタマイズ!

最後は、本格的にオーダーメイドしたいという方へ。間取りから仕上げまで一つひとつの工程を、オーナーさんたちと相談しながら決めるという手があります。この写真は、ロイヤルアネックスの一部屋で、ウィリアム・モリスデザインの壁紙の中で不動の人気を誇る柄「いちご泥棒」が主役になっています。お部屋の入り口を丸くしたり、ミラーの横にウォールランプを付けたりと、細部にまでこだわりが詰まっています。賃貸なのに、ここまでカスタマイズできるなんて、びっくりしませんか?

トイレだってこんなにかわいく? 鏡越しに乙女心をくすぐるステンドグラスがチラリと見えますね。

こちらは、お料理が趣味の女性がオーダーメイドした賃貸物件。毎日キッチンに立つのが楽しくなりそうな。ポップな配色が素敵ですね。ちなみにキッチンの天板は大理石を使用しています。普通の賃貸マンションでは、ここまではなかなかできませんよね。

思いっきり自分らしさを表現できる新感覚の賃貸物件、想像するだけで夢が広がりますね! 「そろそろ引っ越ししようかな...」とお考えの方は、ぜひ一度カスタマイズ&オーダーメイド賃貸をチェックしてみてください♪ 

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

坂田夏水

坂田夏水

夏水組 代表取締役

デザイン会社「夏水組」の代表取締役。アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務を経て、2008年に「夏水組」を設立。女性特有なリノベーションやシェアハウスのデザインが注目を集めている。また西荻窪に展開している雑貨店「GONGRI(ゴングリ)」では、壁紙やDIYアイテム、国内外のかわいい雑貨を豊富にラインナップ中! 最新著書『夏水組の「家デコ」レシピ』も絶賛発売中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。