トレンド・ライフスタイル

夏のバカンスにも活躍しそうな、天然染め&ブロックプリントのコットンクロス

夏のバカンスにも活躍しそうな、天然染め&ブロックプリントのコットンクロス

前回のカディクロスに引き続き、アートディレクター・おおくにあきこさんのBlue Bearが発信するインドの手仕事ブランドツォモリリから、すてきな布をご紹介します。今回はインド西部カッチ地方の、アジュラックプリントと呼ばれる、木版のブロックプリント&天然染めの布です。

アジュラックプリントの歴史は紀元前までさかのぼり、技法、染料などはほとんど昔のまま。写真のように木版で1つひとつ柄を押して染められています。ちなみに、インドでは天然染めを「ベジタブルダイ」といいます。アジュラックプリントは、そのほとんどがベジタブルダイ。藍や茜などが代表的です。すべて自然のリズムに沿ったていねいな手仕事によって生み出されています。

木版の型は、同じ柄を何度も作り直して、大切に受け継がれていくそうです。美しい!

ツォモリリのアジュラック プリントは、前回ご紹介した手紡ぎ、手織りのカディ・コットンが使われています。サラッと心地よい肌触りです。タオルとして、ストールとして、いろいろ使える便利なサイズ、約180cm×80cm。各3800円。夏に1枚欲しいですね。

ツォモリリは、おおくにあきこさんのインドでのアート プロジェクト、ウォールアートフェスティバルアースアートプロジェクトから生まれました。製品の収益はこれらの運営に生かされ、現地の人々に還元されます。ぜひ応援してください。

取扱:ツォモリリ

☆クラウドファンディングサイト、モーションギャラリーで、ツォモリリの遊牧民の子どもたちとの芸術祭を応援してくださる方々を募っています。

☆少し先ですが、2ヶ月に1度の週末カフェイベントがあります。
秋のニューアライバル頒布会 「ツォモリリの秋もよう&週末のチャイカフェ」
日時:9月27日、28日(土・日) 12:00?17:00
場所:ライクライクキッチン 渋谷区富ヶ谷2-21-8 1F
ラダック地方の手つむぎ、手織りのパシュミナ、ヤクウール、シープウール製品も登場しますよ。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

菅野和子

菅野和子

エディター/ライター

主に食、クラフト関連の雑誌や書籍に関わる。ライフワークテーマは、色彩と手仕事と古楽器。アイルランドとニューメキシコと八重山諸島が大好き。今年から念願の織りを始めました。アイコンはメキシコの人形です。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。