トレンド・ライフスタイル

ラッキースターの木星と金星が大接近!星からのメッセージを受け取って

ラッキースターの木星と金星が大接近!星からのメッセージを受け取って

夜通し起きていても寒さに凍えることのない夏は、星空観察のベストシーズン。夏休みに旅先や帰省先で星空を楽しむ機会に恵まれる人もいるかもしれません。
8月中旬は、夜明け前の東の低空に注目です。大吉星と呼ばれる木星と、愛と美の象徴である金星が接近して見えます! 

木星は、太陽系最大の惑星。ギリシア神話では大神・ゼウス、ローマ神話では最高神・ジュピターにあたります。占星術では、大きな利益や幸せをもたらす大吉星です。

金星は、地球に一番近い惑星。宵の明星、明けの明星とも呼ばれ、輝きの美しさで知られています。ギリシア神話ではアフロディーテ、ローマ神話ではヴィーナス。どちらも愛と美の女神です。占星術においても、愛と美をつかさどる惑星として位置づけられ、恋愛運を占ううえで欠かせない星です。

これら2つのラッキースターが、もっとも近づくのは8月18日(月)の午後をまわった頃。もちろん昼間に星は見えないので、観察のベストタイミングは18日の夜明け前になります。2つの星は東の低空にいるので、地平線付近が見渡せる場所で探してみましょう。木星も金星もとても明るく、寄り添うようにして輝いていますから、すぐに見つけられるはずです。

大幸運をもたらす木星と、恋愛のチャンスや官能的な美しさを授けてくれる金星。2つの星が大接近するなんて、なんだかいいことが起こりそう!

星の輝きを目にしたとき、感じ、想うこと。それはきっと、空を眺めた人にだけが得られる素敵なギフトです。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。