トレンド・ライフスタイル

どれくらい盛るのが正解?メガネメイクの基本テク3つ

どれくらい盛るのが正解?メガネメイクの基本テク3つ

最近は視力に関係なく、オシャレでメガネを楽しむ人が増えていますよね。でも、メガネをかけた時に気になるのが「メイクの濃さ」。特に目もとは、いつもと同じメイクだと「何だか化粧が濃くみえる」「マスカラがレンズに付いちゃった...」なんてことにもなりがち。そこで今回は、メガネをかけるときに意識しておきたいアイメイクの基本テクニックを、資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの大久保紀子さんにうかがいました♪

毛先に塗るのはNG! マスカラはまつ毛の「根もと」にしっかりつけるのが正解

メガネをかけた時に起こりがちなのが「マスカラがメガネのレンズにあたる」という問題。まつ毛の長い「ぱっちり目もと」欲しさに、つい毛先にしっかりつけがちなマスカラですが、メガネメイクの時はこの塗り方はNG! メガネメイクの場合、毛先ではなく根もとにたっぷりとマスカラをつけるのがポイント! こうすることで、マスカラがレンズにあたることなくパッチリとした目もとが演出できます?

メガネの形や大きさによって、メイクの濃さを変える

ここ数年人気の「ウェリントン型」や「ボストン型」といった、しっかりめのフレームは、フレームが印象的なだけに、目もとはすこし控えめのメイクにするのが◎。「アイラインは細めに入れる/アイシャドウの濃い色は細めにぼかす(写真1)」のが、しっかりフレームのメガネメイクの鉄則です!

定番の「オーバル型」や「フォックス型」など縦幅が狭めの繊細フレームは、目もとを引き立たせる濃いめのメイクがオススメ。「アイラインは太めにしっかり入れる/アイシャドウの濃い色は二重の幅くらいにぼかす(写真1)」「下まぶたの目尻から1/3にもアイラインを入れる(写真2)」を意識してみて。

アイシャドウをフレームの色にあわせてチェンジすると、より上級者っぽい?

オシャレ感覚でメガネを楽しむ人のなかには、その日のコーディネートにあわせてメガネをチェンジする方も多いですよね。そんな時に使えるちょっと上級なテクニックが「フレームの色にあわせてアイメイクをチェンジ」するということ。例えば、赤やピンクといった暖色系のフレームには、ピンクやオレンジといった同系色のメイクでまとめたほうが、統一感が出ますよね。ちなみに、ブラウンやモノトーン系のアイシャドウはどのカラーのメガネとも相性が良いのでオススメ♪

 気軽に印象チェンジできるメガネ。メイクもあわせてチェンジすれば、もっと魅力的に見えるはず? ぜひメガネでオシャレを楽しむときに役立ててくださいね♪

資生堂 d プログラム「Beautyシェアハウス」では、女性の恋する気持ちを後押しするワークショップを展開。

Beauty & Co. では、「恋に効くメガネ選びのポイント」をはじめとした、ワークショップの様子などを紹介しています。

photo:Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。