トレンド・ライフスタイル

お絵かき感覚でできる!トートバッグの簡単リメイク術

お絵かき感覚でできる!トートバッグの簡単リメイク術

お財布とスマホを持って、ふらっと近所に買い物へ行くときなどに便利なミニトート。雑貨屋さんなどで売っているシンプルな黒のミニトートは、そのままでももちろんかわいいですが、しばらく使って飽きてきたら、カスタマイズしてみるのはいかがでしょうか?

画材屋さんでPebeo水性グッタ(ノズル付き布用絵の具)という面白い道具を見つけたので、今回はこちらを使ってカスタマイズしてみましょう!

先端が細くなっており、そのまま線画が描けるのでとても便利! 乾いたら、アイロンをかけて定着させます。フランスの絵の具なので発色がいいのも◎。

★使用する材料

★道具

  • アイロン

★作り方

  1. 描きたいデザインを紙に下書きします。
  2. 下書きを見ながら、Pebeoでトートに絵を描きます。
  3. しっかり乾かしてから、アイロンをかけます。

Pebeoは他にも、筆で描くタイプや食器に書けるタイプなど、いろいろそろっています。

ランチ用にしたかったので「デリシャスバッグ!」としてみました。リメイクすることで、新しいアイテムとして生まれかわるだけでなく、愛着もわき、長く愛用できそうですね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

兎村彩野

兎村彩野

クリイティブディレクター

森と人と街をカワイイで繋げるをテーマに新しいアウトドアスタイルを提案する「メルヘンキャンプ」主宰。2011年に著書『ガールズキャンプのはじめ方』を出版、2012年に「レギュレーターストーブ メルヘンモデル」の商品開発を手掛けたりと活動は多岐に渡る。また近年では、編み物や手芸のワークショップ「メルヘン手芸部」や料理教室「メルヘンクック教室」も展開中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。