トレンド・ライフスタイル

この秋は、針と糸が生んだ刺繍「カンタと刺子」展へGO !

この秋は、針と糸が生んだ刺繍「カンタと刺子」展へGO !

現在、駒場東大前の日本民藝館で開催中の特別展「カンタと刺子-ベンガル地方と東北地方の針仕事」。クラフト好きにはたまらない、この秋、超オススメの展覧会です!

「カンタ」とは、インド東部の旧ベンガル地方(インド西ベンガル州とバングラデシュ)に伝わる美しい刺繍。古い布を継ぎ合わせながら細かな刺繍を施すことで布を補強する刺子の知恵は、日本の刺子と共通しています。
アンティークのカンタと東北の刺子が併せて間近に見られる、貴重な展示です。

カンタの魅力は、美しい色彩とプリミティブな絵柄。幸せをもたらすという動植物や、宗教的なモチーフ、身の回りのものが描かれています。どれくらい時間をかけたのだろうと、思わずため息がもれてしまうほど見事な、細かい細かい刺繍です。

カンタ 婚礼用敷布(部分) 19世紀後半 旧ベンガル地方 岩立フォークテキスタイルミュージアム蔵

カンタ 儀式用布(部分) 19世紀後半 旧ベンガル地方 岩立フォークテキスタイルミュージアム蔵

カンタは、宗教儀式や嫁入り道具として、また赤ちゃんを包むおくるみなどに使われました。家族の幸福と繁栄を祈り、ひと針ひと針に想いを込めた手仕事。日本の刺子も同様です。東北地方に伝わる刺子には、青森県の「津軽のこぎん」「南部の菱刺」、山形県の「庄内刺子」などがあります。

上:あくと掛(昭和初期 山形県庄内地方 幅33.5cm/下:子供用足袋 昭和初期 山形県庄内地方 長16.5cm ともに日本民藝館蔵

こぎん衣裳 明治時代 青森県津軽地方 丈140cm 日本民藝館蔵

菱刺前掛用布 大正時代 南部地方(青森県東南部)日本民藝館蔵

カンタと刺子、一見まったく違うもののようですが、針と糸に込められた愛は同じ。暮らしとともにあった手仕事の豊かさに圧倒されます。

日本民藝館は大正11年の開館で、その建築や空間も大きな魅力。時間を忘れさせてくれます。またミュージアムショップには、今回の展示に合わせたテキスタイルや各国の手工芸品が並んでいて、ついつい欲しくなってしまうラインナップ。ぜひ、ゆっくりと時間に余裕をもって出かけてくださいね。(画像は、現在の展示内容と異なります)

【DATA】
特別展「カンタと刺子 -ベンガル地方と東北地方の針仕事」  
開催期間:2014年9月9日(火)~11月24日(月・祝)
場所:
日本民藝館
住所:
目黒区駒場4-3-33
電話番号:
03-3467-4527
時間:
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日休館(祝日の場合は開館し翌日休館)年末年始、臨時休館あり
入館料:大人1,100円
http://www.mingeikan.or.jp/

メイン画像:カンタ 儀式用布(部分) 19世紀後半 旧ベンガル地方 岩立フォークテキスタイルミュージアム蔵
写真提供:(C)日本民藝館、無断転載禁止

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

菅野和子

菅野和子

エディター/ライター

主に食、クラフト関連の雑誌や書籍に関わる。ライフワークテーマは、色彩と手仕事と古楽器。アイルランドとニューメキシコと八重山諸島が大好き。今年から念願の織りを始めました。アイコンはメキシコの人形です。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。