トレンド・ライフスタイル

一重&奥二重だってパッチリ目になれる♪目の形別メイクテク

一重&奥二重だってパッチリ目になれる♪目の形別メイクテク

「アイラインはまつ毛の間を埋めるように...」「マスカラを根もとからしっかりと重ねづけして...」。よく耳にするこのテクニック、一重まぶたや奥二重の人にとっては逆効果なこともあるんです! 
今回は、一重&奥二重さんの目もとをパッチリと見せるために、簡単で効果的なメイクのテクニックをご紹介します。

1. アイラインの引き方はまつ毛の生え方次第! 「まつ毛とまつ毛の間を埋める」テクニックがNGな場合も

まず、まつ毛の生え方をよく見てみましょう。

一重さんの場合

→上まつ毛が下に向かって生え、まつ毛のキワ(粘膜)が正面から見たときに見えない目もと。

<A>のように、まつ毛の根もとが正面から見えない人は、まつ毛の間を埋めるようにアイラインを引くのはNGまぶたのキワに引くのが正解です!(図1)
上まつ毛が下に向かって生えている人は、瞬きをするたびに上まつ毛の根もとが下まぶたにつくので、まぶたがかぶってラインが見えないだけでなく、せっかく引いたアイラインが下まぶたについてしまいます。

奥二重さんの場合

→上まつ毛が、正面or 上に向かって生えていて、まつ毛のキワ(粘膜)が正面から見たときに見える目もと。

一方<B>は、まつ毛の根もとが正面から見えてしまうため、まつ毛の間を埋めるようにアイラインを引いた方が良い(図2)目もとになります。
目を開けたときにラインが見えない場合は、アイシャドウの一番濃いダークカラー(濃いブラウンなど)をアイラインの代わりに使いましょう。チップを使って「太めにアイラインを引く気持ち」で塗ると、アイライン効果で目がひとまわり大きく見えます。

2. 一重&奥二重さんは、「毛先」を意識してマスカラをON

一重まぶたや奥二重の場合、まつ毛をカールさせるよりも根もとをしっかりと上げるのがコツ。マスカラを根もとにつけすぎると下まぶたにうつってしまうので、毛先のみにつけましょう。まつ毛が長く見えるように、まつ毛の毛先に繊維タイプを塗るのがポイントです。このときマスカラを縦にして、先端を上手く使うのがプロ技♪

3. 腫れぼったくなる対策は、「ラメ」がポイント!

薄いピンクやパステル系のアイシャドウを使ってみたいけれど、腫れぼったく見えてしまう...。そんな方は、キラキラとしたラメの入ったアイシャドウを選べば心配いりません! ラメ入りのアイシャドウは、指でのせると、ラメが散らずにまぶたにしっかりとフィットします。
さらに、チップを使ってダークカラー(濃いブラウン)のアイシャドウを目のキワから太いアイラインを引くような気持ちでのせると、目もとのキワが引き締まり、陰影効果で腫れぼったさが解消しますよ!

メイクは、「何をするか」よりも「どう見えるか」がポイントです! 自分の目の形に合った効果的なメイクをぜひ参考にしてくださいね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

高木大輔

高木大輔

ヘアメイクアーティスト/Atelier Salon DD 代表

株)資生堂に入社後、ビューティークリエーション研究所に所属し撮影・宣伝広報活動・技術教育・ファッションショー等のアーティスト活動を経てフリーランスとして独立。プライベートサロンAtelier Salon DDを設立し、サロンワークのほか、技術教育、撮影、プロモーション活動など多岐にわたり活動中。文化服装学院非常勤講師。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。