トレンド・ライフスタイル

オトナ女子の「好き」がいっぱい♪新スポット「la kagu」に潜入?

オトナ女子の「好き」がいっぱい♪新スポット「la kagu」に潜入?

10月10日(金)にオープンしたばかりの神楽坂の新スポット「la kagu(ラカグ)」。「衣食住」に「知」をプラスしたキュレーションストアです。オープニングパーティーに編集部が潜入してきたので、さっそくレポートしちゃいます♪

倉庫をリノベーションした店内には、オシャレアイテムがいっぱい!

ん、倉庫...!? それもそのはず、ここは昭和40年代に建てられた新潮社の本の倉庫をリノベーションした建物。倉庫で使われていた本棚には、オシャレな雑貨や写真集が並べられていて、まるで海外に買い物に来たみたい♪ ではさっそく、潜入スタート!

オシャレアイテムに、アートな文章♪「la kaguと書き手」

1階の入り口を入ってすぐに目に入ってきたのが、手書きの原稿と小物や雑貨が並んだ期間限定POPUPスペース。11月中旬までは、石田衣良さんや角田光代さんをはじめとする、15名の小説家が商品にまつわるエピソードを綴った紙が置かれています。こんなアートなレコメンド文見たことないっ!

ファッションエリアは、女子憧れの「一生モノ」ブランドがズラリ♪

1階のウィメンズファションエリアは、ACNEやMaison Martin Margielaといったオシャレ女子憧れのハイブランドから、ベーシックなブランドまで、「本当に良いもの」がセレクトされています。今年はニットとファーアイテムが豊作というだけあって、さまざまなデザインのニットやファーアイテムがラインナップ。「一生モノ」のアイテムがきっと見つかるはず!

生活雑貨エリアで、キュート過ぎるキャンドルを発見!

ウィメンズファションエリアと同じ階には、北欧の食器や、和のキッチンアイテムなど、上質な生活雑貨がズラリ。ちなみに、動物の刺しゅうがキュートなクッションや、お菓子のようなあま~い見た目のキャンドルなど、乙女ゴコロをくすぐる雑貨もいっぱいです! はい、ちなみに、このケーキ型のキャンドル、編集部で3点お買い上げ済です。

読書の秋にピッタリ! 思わず本が読みたくなるブックエリア

2階のブックエリアは、「la kagu」ならではのテーマに沿ってブックディレクターの幅允孝さんがセレクトした本を販売中。また、新潮社による作家や文化人によるトークショーなども開催予定とのことで、読書の秋にちなんで、気になるトークショーに応募してみるのも良いかも~!

読書&芸術の秋は、神楽坂の新スポットでちょっとオトナな週末を過ごしてみては?

【DATA】

ラカグ
住所:東京都新宿区矢来町67
電話:03-5227-6977
営業時間:SHOP/11:00~20:00、CAFE 8:00~21:30(L.O.)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。