トレンド・ライフスタイル

色と模様にセンスが光る★ネイティブアメリカンのビーズワーク

色と模様にセンスが光る★ネイティブアメリカンのビーズワーク

前回に引き続いて、ネイティブアメリカンのアクセサリーを扱う「アースロッジ」から、美しいビーズワークのアクセサリーや小物をご紹介します。オーナーの舩木卓也さんは現地で学んだビーズワークの作家であり、伝統的技法でオリジナルアイテムを制作しています。

ネイティブアメリカンがビーズを使い始めたのは、19世紀にヨーロッパ人がビーズを持ち込んでから。それまでは動物の角や骨、爪などが使われていました。現在はチェコやベネチアのビーズを主に使い、独自の美しいデザインを生み出しています。

アースロッジのオリジナルのブレスレット。コットン製のロープにビーズを巻いていったものです。チェコビーズに、留めの部分にはベネチア製のアンティークビーズを使用しています。ポップなカラーコンビネーションに心魅かれます。各色¥4,500円(税込)長さ19cm、幅0.8cm

チョーカータイプのネックレス。こちらもアースロッジのオリジナルです。この3色のコンビネーションは個性的ですね。同じデザインのブレスレットもあり。¥11,000円(税込)長さ39cm、幅0.8cm

出産祝いにぴったりな、ベビーモカシン。柔らかくなめされたシカ革にビーズ刺繍が施されています。左が「モーニングスター(明けの明星)」という星をモチーフにしたデザイン、右は「クロス(4つの方角)」というデザイン。どちらもかわいいですね。サイズは12.5~13.0cm。注文制作なので、贈り物の予定がある方はお早めに。¥15,000~17,000円(税込)

こちらはメディソンバッグといわれる、小さなポーチ。ネイティブアメリカンがお守りのように身につけるもので、中に入れるのは石やハーブ、羽根などさまざまだそう。アースロッジでは、マウンテンセージの葉を入れてくれます。ネイティブアメリカンにとってセージは浄化の作用がある大切なハーブ。ベルトなどにつけるとキュートです。こちらも注文制作。¥11,000円(税込)縦6.0×横5.5cm、フリンジ6.0cm

ネイティブアメリカンのスピリットを感じられるビーズワーク。その美しい小宇宙に浸ってみませんか?

取扱、写真協力/アースロッジ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

菅野和子

菅野和子

エディター/ライター

主に食、クラフト関連の雑誌や書籍に関わる。ライフワークテーマは、色彩と手仕事と古楽器。アイルランドとニューメキシコと八重山諸島が大好き。今年から念願の織りを始めました。アイコンはメキシコの人形です。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。