トレンド・ライフスタイル

今日は新月!月のリズムに合わせてキレイに過ごす方法

今日は新月!月のリズムに合わせてキレイに過ごす方法

月の満ち欠けは、全世界に共通する自然のリズムです。そのため、古今東西の月に関する伝承やイメージには共通点があります。それは、月のサイクルは大きく4つのステージに分けられ、それぞれに違った意味合いがあるということ。

それでは、日付と照らし合わせながら、各ステージのテーマをみてみましょう。この先一ヶ月の行動予定を立てる参考にしてみてくださいね。

●新月(1日目) 10月24日
テーマは「始まり」。直感に従って、新しいことにチャレンジを。

●満ちていく月(2~14日目) 10月25日~11月6日
テーマは「活力」。自分に自信を持って、積極的に行動するのが◎。

●満月(15日目) 11月7日
テーマは「癒やし」。自分と向き合い、目標を見直すタイミング。

●欠けていく月(16~29日目) 11月8日~11月21日
テーマは「沈静」。新しいサイクルに向けて、生活環境や心身のメンテナンスを。

今日(10月24日)は、新月です。月が満ちたり欠けたりするサイクルの初日にあたります。新月は「物事の始まり」を象徴していますから、

  • 習い事や、資格取得の勉強を始める。
  • 婚活や転職活動、新規プロジェクトなどをスタートさせる。
  • メイクやヘアスタイル、ファッションで冒険してイメージチェンジをする。
  • 飲酒や喫煙、甘いものなど、やめたいと思っている習慣を断つ決意をする。

などなど、思い切ってやりたいことにトライすると吉。もし、前向きな気持ちになれないときは、ゆったりと過ごして神経を研ぎ澄まし、心の声に耳を傾けてみて。新月の日は直感が冴えるといわれているので、今やるべきことや、これから取り組んでみたいことが見えてくるかもしれません。

また、ファスティングやリンパドレナージュ、座禅や瞑想などで、心身をデトックスするのもオススメ。身体も心もスッキリと浄化して新たなスタートを切れば、月に導かれる素敵な一ヶ月になりそうです。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。