トレンド・ライフスタイル

思わず触れたくなる?うるつや髪を作る「正しい髪の乾かし方」

思わず触れたくなる?うるつや髪を作る「正しい髪の乾かし方」

乾燥や摩擦、紫外線など、私たちの髪は知らずしらずのうちにダメージを受けています。乾燥が進行するこれからの季節は特に、パサついたり、広がったり、静電気が起きたり...と、髪に関する悩みも増えますよね。でも、季節や髪質のせいだと諦めちゃダメ! もしかしたらそれは、髪の乾かし方に問題があるのかもしれませんよ。今回は、ダメージを防ぐための正しい髪の乾かし方を教えちゃいます♪

タオルドライは、髪をこすらず、優しくはさむ

髪を洗ったあとに、ついついやってしまうタオルでのゴシゴシ。髪が濡れているときは、髪の美しさのカギとなるキューティクルが開いてしまっている状態(=無防備な状態)。この、もっともダメージを受けやすい状態の時に、タオルドライで摩擦を加えてしまうと、たちまちキューティクルがはがれ落ち、ダメージの原因になってしまうんです。タオルドライをするときは、以下のステップで優しく行いましょう?

STEP1 頭皮をマッサージするように拭く
頭全体をタオルでおおい、タオルの上から、頭皮を指の腹でマッサージするようにして水気をふきとる

STEP2 毛先はタオルで押さえる
毛先はタオルにはさみ、押さえるようにして水気を吸いとる

>>次ページ ドライヤーを使うときのポイント

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。