トレンド・ライフスタイル

グルメ・観光・和小物まで?次の休みは「海の京都」を旅しよう♪

グルメ・観光・和小物まで?次の休みは「海の京都」を旅しよう♪

観光地の代名詞とも言える京都。行ったことがある人も多いと思いますが、「海の京都」と呼ばれる京丹後まで足を運んだことはありますか? さほどアクセスが良いとは言えない場所ですが、わざわざ足を運びたくなるくらい実はとっても素敵な穴場なんです♪

「ドタバタの毎日を離れて癒やされたい」「みんなが行くような王道観光地じゃないところに行きたい」などなど。そんな方にオススメな旅エリアが京丹後。
今回はNEXTWEEKENDが旅した京丹後をほんの一部だけご紹介します!

ゆったりローカル列車に揺られてほっこり気分♪

京丹後エリアを走る「北近畿タンゴ鉄道」は、その車両の外観や窓から見える緑豊かな風景がとにかくノスタルジックで、ほっこりとやさしい気分にさせてくれます。京丹後のグルメコースが味わえる「丹後くろまつ号」などの特別列車も人気なんですって。

京丹後の名物や郷土品に触れて感激?

写真は、この地域で昔から祭りや祝い事などで人が集うときに欠かせない家庭料理とされている「ばらずし」。甘辛く炒ったサバのそぼろや錦糸卵などをトッピングして作る絶品料理? おみやげとしても人気なんだとか♪

細かい凹凸が独特の風合いを醸し出す丹後ちりめん。旅は非日常の時間だからこそ、着物や和小物などの普段触れないようなアイテムを身につけるチャンスかも! お店で自分にぴったりの着物を選んでもらうのも新鮮で楽しいです♪
http://kimono-ikebe.jp/

のどかな田園景色を見ながら自家製の濃厚ジェラートや、しぼりたて牛乳で作ったモッツァレラチーズのピザが食べられる牧場も♪ 絶品のピザはおみやげにもできちゃいます!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/gts-kyotango/262120004-0001.html

「海の京都」には真っ白な砂浜が続く!

「海の京都」の別名をもつ丹後の海や浜辺は、まるで海外に来たかのような錯覚に陥るほど美しくて静か。国指定の天然記念物「琴引き浜(ことひきはま)」では、歩くと「キュッ」と音が鳴る真っ白な砂浜が続きます。夏から秋にかけてはビーチヨガも各地で体験できるので、ヨガのリラックス効果と相まってさらに癒やされ度はアップ♪

次の休みはどこかに行きたいな、なんて考えているそこの貴女! ちょっと足をのばして京丹後でリフレッシュしてみてはいかがですか?
ここでは紹介し尽せない京丹後の魅力を、ぜひ実際に味わってみてください♪

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

NEXT WEEKEND

NEXT WEEKEND

 

ライフスタイルプロデューサー村上萌が主宰するWebマガジン『NEXT WEEKEND』は、次の週末に取り入れたくなるような少し先の理想のシーンを提案しています。週末が楽しみでうずうずしちゃうような写真、情報、そして日本全国のコラムニストたちのコラムを発信中♪

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。