トレンド・ライフスタイル

自分好みのネイルをオーダーするための3つのポイント?

自分好みのネイルをオーダーするための3つのポイント?

トライしたいネイルはたくさんあるけど、色の組み合わせやデザインなど、オーダーの仕方がわからない! という声を多く聞きます。そんな方のお悩みを解決すべく、今回は自分好みのネイルをネイリストにオーダーするときのコツをアドバイスします?

ポイント1:まずは自分のことを知ってもらおう!

初対面のネイリストさんの場合、自分の好きな洋服のブランドや音楽、休日の過ごし方など、自分の「好きなもの」を伝えて好みを知ってもらいましょう。私の場合は、ネイルのデザインを決めていく上で一番大切だと感じる部分なので、自分からもどんどん聞いていきます。恋愛の話なんかもおもしろいですよね。好きな人がいると聞いたら、その彼にネイルを褒めてもらうことまで想定してデザインを考えることもあります(笑)?

ポイント2:自分好みのネイル画像を最低5枚は持ち込もう!

言葉で希望のデザインを伝えるのってむずかしいし、限界がありますよね。好みのデザインを施してもらいたいなら、好きなデザインのテイストがわかる画像を持参するのがオススメです。このときのポイントは、画像を複数枚見せること。5枚くらいあると「ああ、この人こういうテイストが好きなんだなぁ~♪」とネイリストに好みが伝わりやすくなります。このときの画像はネイルじゃなくてもいいんですよ! 好きなブランドのコレクション画像や、映画のワンシーン、レコードのジャケット、景色の写真でもなんでもOK♪ そこに色合いやテーマなど、自分の好きな世界観を伝えていきましょう。

ポイント3:遠慮はしない! 納得いくまで注文しよう!

気を遣って、遠慮してしまう人が多いと思いますが、施術中はネイリストに「ココをもっとこうしてほしい」「この色じゃなくてこっちの色がいい」など、どんどん注文してOK。ジェルネイルはライトの中に入れるまでは何回でも修正が可能です。ライトに入れて硬化させる前に、納得がいくまで要望を伝えてくださいね。

そんなやり取りをしてでできたネイルがこちら!

古着屋にお勤めの方で、ヴィンテージのお洋服にも赤い髪にもばっちり似合うネイルが完成しました?
私の場合は、「おまかせで!」と言っていただくことも多いので、今回ご紹介したようにお客さまとのコミュニケーションをとても大切にしています♪ ネイルサロンにあるサンプルの中から選ぶというだけではなく、オリジナルのデザインをネイリストと一緒に考えるのもおもしろいと思いますよ。
私のサロン、Navy houseでよければぜひお手伝いさせてくださいね! それではまた~!!

【関連記事】
もう失敗しない!なりたい髪型を叶えるオーダーのコツ
この秋冬も大流行!チェック&ツイード柄でテンションUP?

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Chinatsu

Chinatsu

ネイリスト/ネイルサロンNavy house オーナー

海外でフリーネイルアーティストとして活動後、2013年秋、渋谷にプライベートネイルサロンをオープン。過去の音楽活動、バックパッカーの経験を背景に独自のセンスでベーシックから個性的なアートまで幅広く手がける。"月に一度の旅行に出かけるような特別な時間"をコンセプトにキラリと元気を与えるパワーネイルで頑張る女性をサポート。ネイルが初めての方も、お気軽に相談を。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。