トレンド・ライフスタイル

ファー、オーバーズサイズ、チェスター。今年のコートは素材とシルエット、色で冒険を!

ファー、オーバーズサイズ、チェスター。今年のコートは素材とシルエット、色で冒険を!

ついにやってきました、冬本番のマストアイテム、コートの季節! 
今年のコートは、ズバリ素材とシルエット、さらに色にも変化が。いま、特に注目されている素材は、なんと言ってもファー! そして、定番のコートでも、シルエットや色が少し変わるだけで、劇的に今っぽくなっているのがこの冬のポイントです。
今回は、コーディネートしやすい3種類のコートをご紹介。早速、ワンランク上の最新スタイルで、来たる冬のファッションを楽しみましょう!

最注目のファーコートは、シックなカラーを選んで脱マダム

左 GUCCI/右 SAINT LAURENT

何はなくとも、この冬はファーで目立つが勝ち! 今年は毛足の長いものから、ぬいぐるみのようなモコモコ感のあるもの、スウィート系や何色もミックスした派手なものなど、マダム風にならないフレッシュなタイプが豊富です。でも、インパクトがありすぎるのも...なんて場合は、黒やグレーなどのシックなカラーを選ぶのがオススメ。小柄な人は、ショート丈にすれば全身のバランスアップが可能です(足もとはヒールのあるブーティやハイソールのスニーカーで脚長効果を目指して!)。トップスにボリュームがある分、ボトムスをコンパクトにまとめるのが鉄則です。

ボーイズサイズの大きめコートはスポーティーに着こなす

左 ALEXANDER WANG/右 3.1 PHILLIP LIM

スポーティーが長らくトレンドの今、ちょっと彼の服を借りてきたようなオーバーサイズのコートも旬です。たとえば、H&Mがアレキサンダー ワンとコラボレーションしたアイテムにも、「ザ・スポーツ」な大きめサイズのコートが登場していました。ネオプレン(スキューバダイビングで使う素材)やメッシュなんかの素材が直球トレンドですが、デイリーに着こなすならやはり暖かいウール素材が○。これ一枚でグンと今年らしさがアピールできますよ。

殿堂入りのチェスターコートは、キレイ色を狙って

左 ROCHAS/右 JIL SANDER

マスキュリンな魅力を放つチェスターコートは、もはや絶対失敗ナシの不滅アイテム。そこに今年らしさをプラスするなら、白やピンクなど、女性らしい色を選んでみてはいかが? 今年はファッションブランドの展示会でも、ピンクが多く見られました! そのなかでも、ちょっとくすんだようなシャープ感のあるピンクがオススメです。ほかには、ボルドーやモスグリーン、グレーもトレンドカラーとして注目されています。

コートこそ冬のおしゃれの主役なだけに、手抜きはしたくないもの。そして、第一印象を左右するアイテムでもあるから、セレクトにはぜひ目を光らせて!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。