トレンド・ライフスタイル

ふとしたときが危険信号!梅干しばあさん化を防ぐリップトレーニング

ふとしたときが危険信号!梅干しばあさん化を防ぐリップトレーニング

鍋料理にうどんにスープ...。温かい料理がおいしい季節ですが、特に猫舌のあなたは要注意! フーフーと口をすぼめて熱を冷ましているとき、上唇が梅干しばあさんのようにシワシワになっているかもしれません。突然の老け顔に彼もドン引き...なんてことにならないように、上唇の縦じわ対策をご紹介します。

唇ジワ解消で笑顔力もアップ! 「口輪筋」を鍛えよう!

口輪筋(こうりんきん)とは、口の周りをぐるっと囲む筋肉のこと。口もとの筋肉ですが、ほおや目もと、あごなど、放射状に広がる表情筋と繋がっているため、口輪筋が衰えることは、顔全体の表情筋が衰えることでもあるのです。しかも口輪筋は普段の生活で動かすことが少なく、年齢とともに衰えやすいため、積極的に鍛えてイキイキした表情を手に入れましょう。

口輪筋を鍛えて、こんなにイイこと♪

  • 唇にハリが出てぷっくりリップ!
  • 口角が上がる!
  • 血行が良くなってほんのり桜色肌!
  • フェイスラインが引き締まり、小顔効果も!

<上唇の縦ジワに効果的なトレーニング>

  1. 上唇と下唇を歯に巻きつけるように口の内側へ。
  2. 1の状態から口角を上げ、同時に視線を上に向けて10秒キープ。
    (POINT:おでこにしわがよらないよう、視線だけを上に動かしましょう)
  3. 唇を突き出して、上唇の上にペンなど細いものを乗せる。
  4. 乗せたものを落とさないように上唇で巻き込むようにしながら、10秒キープ。

いかがでしたか? トレーニングを数回繰り返すと顔がパッと明るくなるので、お疲れ顔になる夕方やデートの前に行うのもオススメですよ!

【関連記事】
年齢は首でバレる!-5歳若く見えるネックケア
アラサー女子は要注意!「上まぶたのたるみ」が老け顔の原因?

Photo:Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。