トレンド・ライフスタイル

肩こりにアイスクリームが効く!?甘いだけじゃない、アイスの実力

肩こりにアイスクリームが効く!?甘いだけじゃない、アイスの実力

ここ最近、冬でもアイスクリームを食べる人が増えましたよね。寒~い外から家に帰り、暖かい部屋の中でアイスクリームを食べる瞬間は至福のとき? 太っちゃうかも~と思いつつも、ついつい食べたくなるアイスクリーム。でもじつは、甘~いだけじゃなく、驚きの栄養効果もあるんです! 今回は、「太っちゃうかも」というマイナス気分を吹き飛ばす、アイスクリームの意外な栄養効果をお知らせします♪

不足しがちなカルシウム、アイスクリームで補給できる!

甘いだけのものと思われがちなアイスクリームですが、じつは消化吸収のよいカルシウムがたっぷりと含まれているんだとか。このカルシウム、骨粗しょう症の予防に効果的なのはもちろん、イライラ予防、肩こり予防にも効果があるとされています。
ちなみに、100gのアイスクリームを食べることで、カルシウムの1日必要量の約20%が摂取できるそうですよ!

アイスには3つの種類がある!?

コンビニやスーパーなどに並んでいるアイス。よーく見てみると、「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」の3つの種類があります。これは、乳固形分と乳脂肪分の量によって、区別をしているため。この2つが多く含まれているほど、クリーミーでリッチなコクが楽しめるのですが、もっとも多く含まれているのが「アイスクリーム」。次いで「アイスミルク」「ラクトアイス」の順なのだとか。冬になると、こっくりとしたミルク系のアイスが食べたくなりますが、どれにしようか悩んだときは、「ラクトアイス」<「アイスミルク」<「アイスクリーム」の順に濃厚になる、と覚えておいてくださいね?

アイスの意外な栄養効果、いかがでしたか? 甘さに癒やされるだけでなく、イライラも肩こりも予防できるなら、毎日食べてもいいかも!? そろそろ冬アイスがたくさんお店に並ぶ時期、選ぶときに、ぜひ参考にしてください♪

資生堂dプログラム「Beautyシェアハウス」では、女性の恋する気持ちを後押しするワークショップを展開。Beauty & Co. では、「アイスのシーズンは夏だけじゃない!?何かと忙しいオトナ女子におすすめのこだわりアイス」をはじめとした、ワークショップの様子などを紹介しているので、こちらもチェックしてくださいね!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。