トレンド・ライフスタイル

冬コーデを一気に格上げするトレンドの最旬ブーツ

冬コーデを一気に格上げするトレンドの最旬ブーツ

いよいよ年の瀬を迎え、気分はもう2015年。
「新しい年は仕事も恋もさらにパワーアップしたい!」と希望を抱いている人も多いのでは?
女性が気合いを入れたいとき、やはりファッションは強い味方。アイテムの取り入れ方ひとつで気分がワクワクし、前向きに行動できることってありますよね。というわけで、新年のおしゃれは足もとから!
今回はブーツに注目してみました。

ショートブーツはストリート感があるものがトレンド

左 DOLCE&GABBANA / 右 GIORGIO ARMANI

最近、ランウェイだけでなく海外スナップでもよく見かけるのがショートブーツ。ノームコア(究極の普通)の流行もあってか、東京でもサイドゴアブーツなどシンプルなデザインが多く見られます。トレンドは、細身、足首丈、ヒールは低めかつ太めのブーツ。女性らしいコーディネートも、ボーイッシュなショートブーツと合わせると今年っぽい甘辛ミックスコーデが完成します。
また、細身のシルエットはショートパンツと合わせるとスッキリ見え、脚が長く見える効果も。つま先が尖ったポインテッドトゥやベルト付き、またはレースアップなどのショートブーツなら、ヒールが低めでも大人っぽい印象になりますね。同じく人気が定着したブーティも同様のポイントを押さえればバッチリ。

ロングブーツは進化した筒型タイプに注目

左 SAINT LAURENT / 右 LANVIN

毎年登場しているロングブーツですが、実はシーズンごとに微妙なトレンドの変化があります。今までは、どちらかというと足の形にピタっと沿うようなスリムなシルエットが多かったのですが、新鮮さを狙うならぜひ手に入れたいのが筒型タイプ。
少しゆったりしたシルエットの筒型タイプは、トレンドのスポーティーテイストや大人カジュアルなファッションと好相性。ニットワンピースと合わせたり、デニムをインしたりといった王道スタイルにも似合うし、ミニスカートやショートパンツとのコーディネートは男性から見ても好印象のはず。
筒型タイプはセクシー度は減少するものの、太腿のまわりがスッキリ見えるという隠れ効果も。防寒対策にも役立つので、寒い季節には欠かせません。

女性らしさ、スタイルアップを狙うならニーハイブーツ

左 BALENCIAGA / 右 VERSACE

女性らしさをアップさせるなら、ニーハイブーツがハズせない! 海外コレクションでも、ホットトレンドとして多くのブランドがこのニーハイブーツを提案していました。膝まですっぽり隠れてしまうデザインは、肌の露出こそ減るものの、絶対的な美脚効果も相まって、一点投入するだけでスタイルアップがあっという間に実現します。ランウェイでよく見られたのは、ストッキングははかずにミニ丈のスカートやパンツ、コートにニーハイブーツを合わせ、その隙間からほんの少しだけ生脚をチラつかせること。この絶対領域が何ともセクシーで、かつパワフルな印象! おしゃれでスタイリッシュ、少々難易度は高いかもしれませんがトライしてみる価値はあり。

ブーツ自体は毎シーズン登場するアイテムながら、そのシルエットやヒールのディテールにちょっと気を配るだけで、即座にトレンド感を出すことが可能に。足もとが完璧に仕上がれば、もう最新スタイルはほぼ手に入ったようなもの。手持ちの洋服とうまくコーディネートして、新しい年の第一歩にふさわしい女性像をゲットしましょう!

【関連記事】
O脚、ししゃも脚もコレで解決?美脚に見えるオススメブーツ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。