トレンド・ライフスタイル

知らなきゃ損!気持ちを伝えるなら、プレゼントは色で選べ!

知らなきゃ損!気持ちを伝えるなら、プレゼントは色で選べ!

クリスマスは、プレゼントを贈ったり受け取ったりする機会が増えるもの。プレゼントに込める想いは人それぞれですが、誰にどんなものを贈ればいいか迷っている貴女に、とっておきのヒントをご紹介します?

恋人には情熱の「赤」で関係を盛り上げる?

恋人へのプレゼントには赤のアイテムを選びましょう。赤は「情熱」をイメージさせるカラー。彼の気持ちに火を付けて、二人の関係をさらに燃え上がらせるのに効果的です。彼との愛をさらに深めたり、気になる彼との距離を縮めたりできちゃうかも?

友達へは元気なビタミンカラーの「オレンジ」

男女問わず友達へプレゼントを贈るときには、オレンジ色がオススメ。オレンジには、楽しい気持ちにさせる、ポジティブ思考になる、元気になるなどの作用があるといわれています。その他にも会話が弾む、食欲をかき立てる、などの効果が期待できるので、ワイワイと賑やかな友達が集まる場でのプレゼントにぴったり♪

両親には「ラベンダーカラー」のアイテムを

自分の両親へのプレゼントには、パステル調のラベンダーカラーがオススメ。ラベンダーカラーには「癒し」や「ねぎらい」の意味があり、日ごろの感謝を伝えたいときにぴったり! 両親に贈る場合だけでなく、プレゼント選びに困ったらラベンダーカラーのアイテムを選べば間違いありません。

上司への贈り物は落ち着いた「グレー+アクセント」

普段からお世話になっている上司には、グレーベースのアイテムが◎。他の色に比べて主張しない控えめな色であることから、謙虚さを表す効果があります。ただ、グレー単色だとプレゼントとしてやや華やかさに欠けますよね。そんなときにはプレゼントを贈る相手が男性ならシルバーやゴールドが入ったもの、女性の場合はキラッとしたものがアクセントに入るといいでしょう。

贈り物を渡すとき、自分もプレゼントと同じカラーのものを何か身に付けることでより効果がアップしますよ!
ぜひ参考にしてみてくださいね?

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

嶋田佑紀

嶋田佑紀

センセーションカラーセラピスト

合同会社emo代表。キャリアに係る教育と支援事業ならびにカウンセリング事業を展開。カラーセラピーを取り入た、浄化、気づき、動機付けへとつなげる色彩カウンセリングを実施。「アートセラピーの会」「カラーセラピーとカラフルフードを楽しむ会」等、色を活用した心と体を健康にするイベントも開催している。著書に『なりたい自分になれる しあわせ色ごはん』(幻冬舎ルネッサンス)。http://www.emo-lab.jp/ https://www.facebook.com/emo.lab.official

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。