トレンド・ライフスタイル

えっ、これだけ?腹式呼吸でぽっこりお腹を解消!

えっ、これだけ?腹式呼吸でぽっこりお腹を解消!

いよいよ新しい年の幕開け。気持ちも引き締まり、やる気が出てきますよね。でも目線をお腹に落とすと、お正月に美味しいものを食べ過ぎた"ツケ"が来てはいませんか...? こんなお腹じゃ新しいこともうまくいかないかも!? そこで今回はぽっこりお腹を解消して、くびれをつくる方法をご紹介します。

くびれ=腹筋はウソ! ウエストほっそりのカギは「呼吸」にあり

腹筋はお腹の表面を鍛える運動。お腹やせを叶えるためには、内側の筋肉(=インナーマッスル)を鍛える必要があります。そこで要となるのが、「腹横筋」。お腹の筋肉のなかでも一番深いところにある筋肉で、収縮させると圧がかかり、ガードルのようにお腹をギュッと引締めてくれる効果があります。これを可能にするのが「腹式呼吸」。お腹をへこませることで肋骨が締まり、お腹全体を引き締めてくれます。

<下腹ぽっこり解消エクササイズ>

  1. あお向けに寝て膝を立てたら、10秒かけて鼻から息を大きく吸うと同時にお腹をしっかり膨らませる。(POINT:おへそのあたりに手を当てて、お腹の膨らみを意識しながら行いましょう)
  2. 口から息をゆっくりと10秒かけて吐き出しながら、おへそを背中にくっつけるような気持ちでお腹をへこませる。
  3. 2のへこませきった状態をキープしながら、さらに10秒間軽めの呼吸をする。

いかがでしたか? 今回は、寝た体勢でしっかり呼吸を意識する方法をご紹介しましたが、腹式呼吸ができれば場所はどこでもOK。慣れてきたら電車のつり革につかまって...デスクワークでこっそり...と、いつでもどこでも可能なエクササイズなので、ぜひ習慣にしてみてくださいね。

【関連記事】
ぽっこりお腹を解消!腸内環境を整えるハーブティーって?
「ぽっこりお腹」撃退のカギは背中!たった1週間で魅せる身体に

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。