トレンド・ライフスタイル

巾着、ミニ、ワンハンドル。2015年の新作バッグはこれを狙え!

巾着、ミニ、ワンハンドル。2015年の新作バッグはこれを狙え!

バッグや小物を一新したい! 新年を迎えると、気持ち新たにそんなことを考える人が多いのではないでしょうか? 幸先の良いスタートを切るためにも、身のまわりのアイテムは、できればオシャレで気分が上がるものを新調したいですよね。では、2015年に持っておけばバッチリ! というバッグはどんなもの? デザインはどんなタイプを選べばいいのでしょうか? ここでは、2015年にトレンドになりそうなイットバッグを紹介します。

レトロな丸いフォルムが可愛い「巾着バッグ」が注目度No.1

左:ソニア リキエル 右:ロエベ

今、もっとも注目なのがキュッと紐を絞るタイプの巾着バッグ。
90年代ファッションが見直されていることもあってか、自然発生的にトレンドに浮上しました。
コロンとした丸いフォルムがどことなくレトロ感を漂わせていて、上品でかわいいですよね。オンからオフまで、着こなしやシーンを選ばず使えるので、ひとつ持っているとかなり重宝するはず。素材は、レザーやライトスエード、色は黒、白、ブルー、カーキ、そしてショルダーにもなるタイプを選べば失敗ナシ!

女子力をアップさせる、アクセサリー感覚で持てる「ミニバッグ」

左:クロエ 右:フェンディ

ランウェイでよく見られたミニバッグ。「え、何も入りませんけど?」とツッコミをいれたくなるかもしれませんが、実際は携帯やウォレットがギリギリ入るくらいのサイズ感がトレンドをリードしています。バッグとしてではなく、着こなしのバランスを完成させるアクセサリーのひとつとして捉えて。昼はメインのバッグの中にこっそり忍ばせ(または、チャームのようにハンドルにつけるのもアリ)、夜、パーティーやデートに行く時は、ミニバッグに必要最低限のものだけを入れて主役として扱う、といった使い方が主流になりそう。思わず可愛い! と叫びたくなるキュートなサイズ感、その華奢なたたずまいが、女子力を高めるのに一役買ってくれるかも?

王道のクラシカルなバッグは、ワンハンドルをセレクトして

左:プラダ 右:ミュウミュウ

実用的で洗練されたクラシカルなシルエットのバッグは、今シーズンももちろん健在。マチや内ポケットも充実したスクエア型のフォルムは、持っているだけできちんと感を演出できます。そこに新しさを加えるなら、ワンハンドルのデザインを選んでみては? 持ち手がひとつのワンハンドルバッグは、そのままラフに持ってもいいし、ハンドルに手を通してクラッチバッグのように持つ「抱え持ち」も密かに流行しています。かっちりしたデザインを選べば、カジュアルなコーディネートでも上品に見えるもの。バッグ自体が大きいと野暮ったく見えがちですが、ワンハンドルなら高級感が出せるので、ぜひ活用してみて。

いかがでしたか? 女性にとってバッグは肌身離さず外で持ち歩くもの。そして、コーディネートの要になるアイテムだけに失敗はしたくないですよね。クラッチやバックパックも引き続き人気ですが、さらなる新しさを求めるなら上の3つがオススメ。
2015年にふさわしいイットバッグを手に入れて、新しい自分を演出しましょう!

【関連記事】
冬コーデを一気に格上げするトレンドの最旬ブーツ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Yoko Kondo

Yoko Kondo

The STYLE INSIGHT編集長、ファッションジャーナリスト、WEBディレクター

ELLE ONLINE、GLAMOROUS編集部でエディターを務めた後、フリーのファッションジャーナリスト&WEBディレクターとして活動中。また、2012年からインターナショナルモードに特化したファッションWEBマガジン「The STYLE INSIGHT」を主宰している。
パリを中心に、NY、ロンドン、ミラノ、香港、シンガポール、イスタンブールなど世界各国のファッションウィークを一人でパトロールする行動派であり、過去にはロンシャン、ドルチェ&ガッバーナの日本代表ブロガーになったことも。
2015年から「世界婚活」をテーマに掲げたパリ←→東京の行き来生活にトライ中。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。